ノーサイドゲームエンディング主題歌は米津玄師!曲配信MV・PV情報!挿入歌サントラまで

ノーサイド「ノーサイドゲーム」の主題歌の発表は衝撃の、まさかの第1話エンディングに、米津玄師さんの歌声が!

エンディング主題歌の曲名、配信予定や、MV・PVなども気になりますよね?

またOP曲、挿入歌もあるのでしょうか?

「ノーサイドゲーム」エンディング主題歌(ED)と、OP曲・挿入歌をご紹介。

配信日やMV・PV情報についても調べました。

エンディング主題歌(ED曲)については事前の予告がなく、歌っているのは米津玄師さん?と話題になった、そのTwitterの声もご紹介します。

そんな「ノーサイドゲーム」の気になる音楽情報をお届けします!

(引用元:Twitter/@noside_game_tbs)

→「ノーサイドゲーム」主題歌を聞けるのは7/8現在、ドラマ中だけです。今すぐ「馬と鹿」を何度も聞いてみませんか?

「ノーサイドゲーム」のエンディング主題歌(ED曲)をご紹介

「ノーサイドゲーム」は池井戸潤さんの小説「ノーサイドゲーム」が原作大泉洋さん主演のドラマです。

トキワ自動車の中堅サラリーマン、君嶋隼人は本社から府中工場へと左遷させられ、弱小ラグビーチーム「アストロズ」の再建も任されることに。

サラリーマンとして、ラグビーチームとして、どん底から這い上がる、君嶋とラグビーチームのメンバーが描かれます。

「ノーサイドゲーム」第1話で話題となったエンディング主題歌のタイトルと、歌っているアーティストをご紹介します。

「ノーサイドゲーム」のエンディング主題歌・ED(エンディング)曲は米津玄師の「馬と鹿」

「ノーサイドゲーム」の公式サイトでは、主題歌について放送開始日当日もなんら発表がなく、主題歌は存在しないのでは?との憶測も飛び交っていました。

そして、迎えた「ノーサイドゲーム」第1話

エンディングの感動シーンで主題歌として流れたのは、米津玄師さんの歌声でした。

曲のタイトルは「馬と鹿とのことです。

このサプライズには、視聴者のみなさんも驚かれたようで、Twitter上でも話題になっていました。

わたしも米津玄師さんの歌声が流れてきたときには、泣いてしまいました。

どこかに悲しみを含みながらも、アストロズのメンバーが前を向いて歩き始めたシーンに寄り添うような曲でした。

米津さんは、どんな思いで「ノーサイドゲーム」の主題歌を作られたのでしょうか?

「馬と鹿」は、米津玄師さんがドラマ「ノーサイドゲーム」のために書き下ろした曲でした。

そして、「ノーサイドゲーム」第1話をリアルタイムで視聴していた方の、驚きの声もお届けします。

君嶋が前を向いて進む姿をイメージして作られたようですね。

これから毎話ドラマのエンディングを盛り上げてくれると思うと、ワクワクしてきます。

ドラマをラストまで盛り上げてくれること間違いなしですね!

→「ノーサイドゲーム」第1話で米津玄師「馬と鹿」を実際に聞いてみる!

「ノーサイドゲーム」のエンディング主題歌・ED(エンディング)曲「馬と鹿」を歌う米津玄師ってどんな人?

「ノーサイドゲーム」の主題歌・ED曲である「馬と鹿」を歌う米津玄師さんは、どんな方なのでしょうか?

米津さんのプロフィールをご紹介します。

  • 生年月日: 1991年3月10日(28歳)
  • 所属レーベル:ソニー・ミュージックレコーズ
  • 過去のヒット作:『ピースサイン』『Lemon』『Flamingo/TEENAGE RIOT』など

米津さんは幼少期から学生時代にかけて、引きこもりがちな生活を送っていたようです。

自閉症だったことも公表されており、周囲とコミュニケーションを取るのが苦手だったそうです。

中学生のころからオリジナル曲の制作をはじめ、2009年にはボーカロイドを使用した楽曲を作り「ハチ」という名前で活動。

若者を中心に、日本のみならず、世界からも人気を博しました。

そして、2012年から現在までは本名でシンガーソングライターとして活躍。

米津玄師が出す楽曲となれば、どれも必ず話題になるほどのトップアーティストです。

また、米津玄師さんは、他のアーティストとのコラボ曲も作られています。

  • 2017年 DAOKOの「打上花火」を作詞作曲・プロデュース
  • 2018年「灰と青]で菅田将暉とコラボ
  • 2019年菅田将暉の「まちがいさがし」をプロデュース

菅田将暉さんの「まちがいさがし」は、ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌として話題になるとともに、20万ダウンロードを超えるヒット曲となりました。

米津さんは、特に菅田将暉さんと仲が良いようで、菅田さんのラジオ番組へ米津さんがゲストとして出演したときに、一緒にお酒を飲んだといったお話もされています。

米津玄師さんのSNS情報のご紹介です。

米津さんは、積極的にSNSで情報発信をされています。

米津玄師「馬と鹿」の配信日やMV・PV情報

米津玄師さんが歌う、ドラマ「ノーサイドゲーム」の主題歌(ED曲)「馬と鹿」の配信日は決定しているのでしょうか?

ダウンロード配信は、2019年8月12日月曜日に開始されています。

また、CDの発売日は2019年9月11日水曜日となっています。

また、MVやPVは見ることができるのでしょうか?

歌詞は、ドラマで流れた部分しかわからなかったので、こちらでご確認ください

カラオケ配信が始まったら、すぐに歌えるようになるかもしれませんね^^;

「馬と鹿」のMV(PV)が9月3日に公開されていました。

こちらです。

歌詞はこちらからご覧になれます。

→「ノーサイドゲーム」第1話をもう一度視聴する!

「ノーサイドゲーム」のOP・挿入歌(曲)・サントラの担当や発売・配信日は?

「ノーサイドゲーム」のOPや挿入歌(曲)、サントラは誰が担当しているのでしょうか?

また、配信日や発売日は決定しているのでしょうか?

この夏、一番熱いドラマ「ノーサイドゲーム」を、感動的なストーリーへと導く挿入歌(曲)・サントラを担当しているのはこの方でした!

「ノーサイドゲーム」挿入歌・サントラを担当するのは、服部隆之

(引用元:http://godzilla-anime.com/music/)

「ノーサイドゲーム」の挿入曲・サントラを担当しているのは、服部隆之さんでした!

服部隆之さんは、 1965年11月21日生まれの53歳。

音楽家一家に生まれ、高校生の頃にはフランスのパリ国立高等音楽院和声科、対位法科に入学しました。

同学科を修了後、日本で音楽家・アレンジャーとして活躍。

担当した映画『誘拐』と『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞しました。

最近では、2019年春ドラマとして話題になった「ラジエーションハウス」の音楽を担当。

さらに、日曜劇場との縁も深く、 日曜劇場では以下のドラマの音楽を担当されていました。

  • 『華麗なる一族』
  • 『半沢直樹』
  • 『ルーズベルトゲーム』
  • 『下町ロケット』
  • 『陸王』

 

大ヒットドラマを担当された経験の多い服部隆之さんですから、「ノーサイドゲーム」にもぴったりの挿入曲・サントラとなることでしょう。

「ノーサイドゲーム」のサントラの発売日や配信開始日は?

「ノーサイドゲーム」のサントラの発売日や配信開始日を調べてみました。

「ノーサイドゲーム」のサントラCDの発売日は、2019年9月4日水曜日です。

→今すぐ「ノーサイドゲーム」第1話を無料視聴する!

ノーサイドゲームエンディング主題歌は米津玄師!曲配信MV・PV情報!まとめ

「ノーサイドゲームエンディング主題歌は米津玄師!歌詞や曲配信MV・PV情報!挿入歌サントラまで」として、ドラマ「ノーサイドゲーム」の音楽情報をお届けしました。

「ノーサイドゲーム」のエンディング主題歌・ED曲は、米津玄師さんの「馬と鹿」

サントラの担当は、服部隆之さんでした。

ドラマとともに、音楽も話題に登っていて、毎週日曜日が楽しみですね!

もしかしたら公式サイトでいち早く曲情報が発表されることもあるかもしれませんので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!