ノーサイド・ゲーム

ノーサイドゲーム1話ネタバレ視聴率!2話考察・期待通りに面白い?大泉洋が熱演

「ノーサイドゲーム」1話のネタバレ視聴率と2話の考察が知りたくなりませんか?

大泉洋さん演じる主人公の君嶋隼人と、トキワ自動車のラグビー部員たちとの出会いが描かれた第1話。

期待通りに面白かったのでしょうか?

「ノーサイドゲーム」1話のネタバレや視聴率をご紹介。

さらに2話の考察もしていきます。

(引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/)

→「ノーサイドゲーム」第1話をいきなり見逃してしまった方は、公式配信サービスでご視聴が可能です。

「ノーサイドゲーム」1話のあらすじとストーリーのネタバレ

「ノーサイドゲーム」1話の予告とあらすじ、ストーリーのネタバレをご紹介します。

まずは、1話の予告はこちらです。

「ノーサイドゲーム」1話のあらすじは?

「ノーサイドゲーム」1話のあらすじはこちらです。

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。
ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。
異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。

(引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/)

出世街道まっしぐらだった君嶋は、左遷後のどん底な状況へどう立ち向かうのでしょうか?

第1話では、主人公の君嶋隼人はどんな人物なのか、君嶋の敵は今のところ誰なのかも、分かりそうですね。

「ノーサイドゲーム」1話のネタバレストーリーは?

「ノーサイドゲーム」1話のネタバレストーリーをご紹介します。

「アストロズ」が14億円もの赤字を出している実態を知った君嶋(大泉洋)は本社へ行き、滝川(上川隆也)に自分が左遷された本当の理由は、アストロズを廃部にすることなのではと問う。

滝川は、廃部にできたらそれなりのお礼はすると返すのだった。

君嶋はこれを、アストロズを廃部にできれば本社に戻れるのだと捉える。

後日、君嶋はアストロズの存続に関する意見書を、廃部が適当との内容で提出する。

意見後の提出後、滝川と話をした君嶋は、策略にはめられたと気づく。

見送りとなった買収計画は、買収額を下げ再び滝川が実行しようとしていた。

買収に反対していた君嶋は滝川にとって邪魔左遷させられ、会社のお荷物となってしまったラグビー部を廃部にできれば滝川の株があがると利用されただった。

もう本社へは戻れない、サラリーマンとしての自分は終わったと、雨が降りしきる中、府中工場のグランドを呆然と歩く君嶋。

練習中だった浜畑(廣瀬俊朗)に邪魔だと言われ、力尽きたように君嶋は叫ぶ。

おれはどこへ行けばいいんだ!?

そして、君嶋はタックルを始める。

何度も何度も。

死ぬ気でいかんかい!それがラグビーだ」

浜畑の言葉に反応し、力強くタックルした君嶋は、浜畑を押し倒れ込む。

泣きながらタックルし続けた君嶋に、タオルをかけた浜畑。

君嶋は、ノーサイドを身をもって知る。

その夜、君嶋の自宅では、息子の博人(市川右近)サッカーボールが誰かに切り裂かれていたことがわかる。

君嶋の妻・真希(松たか子)は誰にやられたのかと問うが、博人はまったく返事をしない。

以前、ラグビーをやりたいと言い出した博人。

君嶋は、博人がラグビーをやりたかった理由は、いじめっ子と自分の力で戦いたかったのだと察知する。

君嶋は博人へ、ラグビーは喧嘩ではなく、仲間のために戦うスポーツであることを伝える。

ラグビーにはノーサイドというものがあり、戦い終わった後は握手をしたりタオルを掛けたりしてあげるられるのかと。

博人は、「ラグビーやりたい」と涙を流すのだった。

→今すぐ「ノーサイドゲーム」1話フル動画を公式サービスで無料視聴する!←

ノーサイドゲーム1話ネタバレトピックス① 社長が語るラグビーの魅力とハカの意味

(引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/news/)

「ノーサイドゲーム」第1話のネタバレトピックス①として、トキワ自動車の社長・島本(西郷輝彦)がラグビーの魅力と「ハカ」について語るシーンをネタバレしていきます。

ある日突然、君嶋の息子・博人がラグビーをやりたいと言い出した。

博人が自分から何かをやりたいと言い始めたのは、初めてのことだだった。

息子の言葉が気になった君嶋は、アストロズのアナリストである佐倉(笹本玲奈)にラグビーを始めるなら何から練習すればよいのか尋ねたところ、ユニホームに着替えタックルをすることになってしまう。

意を決して挑んだ君嶋だったが見事に玉砕。

肩を痛め、やはりラグビーは嫌いだと言い出したところへ、社長の島本がアストロズの様子を伺いにくる。

アストロズの存続について、島本は君嶋が思うところを率直に話してほしいという。

アストロズを存続させる意味はないと話す君嶋の言葉に、その現状をなんとかするのもGMの仕事だと言う島本は、ラグビーの魅力について語り出す。

ぶつかるのがラグビー、ハカを知っているか?と。

島本は、「ハカ」はニュージーランドのオールブラックスが試合前に行う儀式であり、マウイ語で「私は死ぬ」「わたしは生きる」と叫ぶこと、そしてラグビーは仲間のために命がけで戦うスポーツだと教える。

そうやって戦う人々の魅力に取り憑かれたことはないのかと問われた君嶋は、「ありません」と答え、島本をがっかりさせてしまうのだった。

ネタバレはここまで。

ぶつかり合い、痛そうといったイメージもあるラグビーですが、仲間のために命がけで戦うところに魅力があるのですね。

「ハカ」というのは、戦いを始める前の自分を奮い立たせるためにやる儀式ということで、見ている方も心を奪われそうです。

アストロズは、トキワ自動車の社長である島本が作ったチームですから、島本には強い思い入れがありそうです。

アストロズはこの先どうなっていくのか、これがドラマ「ノーサイドゲーム」の中心になるストーリーとなります。

→もう一度「ノーサイドゲーム」1話を見たい方は、公式サービスで無料視聴することができます。←

ノーサイドゲーム1話ネタバレトピックス② GMを演じる大泉洋が最高に熱い!

(引用元:Twitter/@kikuronohi)

「ノーサイドゲーム」第1話のネタバレトピックス②として、GM(ゼネラルマネージャー)を演じる大泉洋さんが最高に熱いシーンをネタバレしていきます。

アストロズ廃部の意見書を出したと聞いた部員に説明を求められた君嶋は、0円の予算案のコピーを配り、現状を自覚しろと促す。

そして君嶋は熱く語り出す

このままの状況が続けばいい方だなんて、会社という世界ではあり得ない。

サラリーマンに努力賞なんてものはないし、勝ったものが正義になる。

府中工場へ来た時点でサラリーマンとしての自分は死んでいた、だからもうどうでも良いと思っていたし、一度は廃部にしようと思った。

しかし、こんな自分に本気でぶつかってくれるメンバーと出会い、このまま終わるのは嫌だと思った。

プラチナリーグで優勝して自分たちの価値を見せつけてやろう、このチームなら勝てると。

君嶋の語りかけに部員たちは涙を流し、もう負けるのは嫌だ、このチームで優勝したいと練習を始めるのだった。

本社では、アストロズ廃部についての役員会が行われる。

君嶋が提出した意見書は、1年様子を見るのが妥当との内容に差し替えられていた。

ネタバレはここまで。

このシーン、大泉洋さんのセリフがとても長かったのですが、印象的な言葉が続々と飛び出してきて、何度も見返したくなります。

また、君嶋が語る言葉がラグビー部員の心を打っていく様子にも泣けてきました。

サラリーマンとしての出世はないと悟った君嶋と、弱小チームとなってしまい這い上がれずにいるアストロズ。

始まったばかりの「ノーサイドゲーム」ですが、このシーンを見て君嶋とアストロズを応援したくなりました!

最後には再起した君嶋とアストロズの姿が見たいです!

→今すぐ「ノーサイドゲーム」1話フル動画を公式サービスで無料視聴する!←

ノーサイドゲーム1話ネタバレトピックス③ 米津玄師の「馬と鹿」にTwitterが騒然!

先ほど紹介した、大泉洋さん演じる君嶋がラグビー部員たちへ熱く語るシーンで、ある曲が流れます。

聞いたことがある男性の声…

その歌声の正体は米津玄師さんでした!

突然流れた米津さんの声にTwitterで驚きの声が続々とあがり、騒然となりました。

その時のTwitterの反応を紹介します。

放送後、ノーサイドゲームのTwitter公式アカウントから、主題歌のお知らせがありました。

わたしも、予告なしで流れた米津玄師さんの歌声には驚きました!

もう興奮です(*´艸`*)

今回の曲のタイトルは「馬と鹿」とのことです。

大泉洋さんが熱く語った後に、部員たちが涙する…

そんなシーンで米津さんの曲が流れ、泣かれた方も多いのではないでしょうか?

MVやPVはこれまでのドラマ主題歌の流れで行くと、ドラマの終盤まで発表されない可能性が高いですので、米津さんの歌声を聞こうと思うと、ドラマを視聴するよりほかになさそうですね。

→今すぐ「ノーサイドゲーム」1話フル動画で米津玄師の新曲を聞く!←

ノーサイドゲーム 1話の視聴者の反応は?期待通りに面白い?

「ノーサイドゲーム」第1話では、君嶋の敵は上川隆也さん演じる滝川とわかりました。

滝川は敵とわかりやすい存在ですが、おそらく君嶋の敵は滝川だけではないのが「日曜劇場」でしょう。

この先も、大谷亮平さん眞栄田郷敦さんなど、続々と君嶋に影響を与える人物が登場しそうです。

誰がどんな影響を与えるのか、第2話以降も楽しみです。

また、職場では熱い君嶋も、自宅に戻れば松たか子さん演じる妻・真希に尻に敷かれ弱気なところがちょっと笑えました。

「ノーサイドゲーム」第1話を見た感じでは、「ラグビー」を知らない人でもわかりやすく、見やすいドラマだと思います。

では、Twitterの反応も見てみましょう!

「ノーサイドゲーム」に初回から引き込まれた、という方が多いですね。

大泉洋さんの演技にも、高評価の声があがっていました。

→今すぐ「ノーサイドゲーム」1話フル動画を公式サービスで無料視聴する!←

ノーサイドゲーム 1話の視聴率と平均視聴率は?

「ノーサイドゲーム」1話の視聴率は発表され次第追記します。

放送回放送日視聴率
第1回7/713.5%
第2回  
第3回  
第4回  
第5回  
第6回  
第7回  
第8回  
第9回  

1話の視聴率は、13.5%でした。

好調な滑り出しとなりましたね!

→今すぐ「ノーサイドゲーム」1話フル動画を公式サービスで無料視聴する!←

ノーサイドゲーム 2話のあらすじ・考察は?

「ノーサイドゲーム」2話のあらすじはこちらです。

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。新監督人事が進まないのだ。キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。ない知恵を絞っても始まらない。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。

監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。君嶋はどうなってしまうのか・・・。

(引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/)

次回第2話は、監督人事でまたもや君嶋が四苦八苦しそうですね。

→今すぐ「ノーサイドゲーム」1話フル動画を公式サービスで無料視聴する!!←

ノーサイドゲーム 番組公式サイト&SNS情報

「ノーサイドゲーム」の公式サイトでは、最新情報のほか、エキストラの募集のお知らせなどもありました。

写真もたっぷりのHPとなっています。

ぜひ、のぞいてみてください!

→今すぐ「ノーサイドゲーム」1話フル動画を公式サービスで無料視聴する!!←

ノーサイドゲーム1話ネタバレ視聴率!2話と考察・期待通りに面白い?大泉洋が熱演・まとめ

(引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s2.html)

ノーサイドゲーム1話ネタバレと視聴率!2話考察ということで、「ノーサイドゲーム」第1話のネタバレを紹介しました。

第1話で熱く語る大泉洋さん、素敵でしたね。

また、期待通りに面白くて、最初からストーリーに引き込まれました。

この先も熱いシーンが展開されそうな日曜劇場「ノーサイドゲーム」に期待しています。

error: Content is protected !!