凪のお暇名言・名セリフ・名シーンまとめ

「凪のお暇」では毎回名言や名セリフのある名シーンがあると話題です。

感動するシーンから、考えさせられる名言まであって、またそれが視聴率アップにもつながっているようです。

どんな登場人物が名言や名セリフを言っているのかも気になりますよね。

「凪のお暇」の名言、名セリフのある名シーンをいくつか紹介してみます。

→「空気は吸って吐くもの」「凪のお暇」名シーンをもう一度見るならここ!

(引用元:Twitter/@senritsusaaya)

Table of Contents

「凪のお暇」主人公・凪の名言

(引用元:Twitter/@oricon)

「凪のお暇」主人公・凪の名言とTwitterの反応をみてみます。

空気は読むものじゃなくて吸って吐くものだから(第1話)

(引用元:Twitter/@mohei109)

「凪のお暇」主人公の凪が仕事もプライベートも全て全てお暇生活をし始めたのですが、元カレの慎二が引越先を見つけて追いかけてきました。

その時に凪が伝えた言葉です。

「空気は読むものじゃなくて吸って吐くものだから」

学校でも仕事でも無意識に空気を読んで合わせてしまった経験は誰しもあるでしょう。

そんな経験がある人は、はっと響く言葉です。

空気を読みすぎて自分じゃなくなってしまいそうなとき、思い出したい言葉ですね。

他人に思いっきり嫉妬したあと、目の前のことで工夫してみることも楽しいよ。(第2話)

(引用元:Twitter/@Chihi_ryo_hiro)

凪の隣人うららちゃんが、友達に嫉妬して嘘を言っていることを凪にカミングアウトしたときに、凪がうららちゃんに伝えた言葉です。

「よそはよそ、うちはうち。でも絶対に比べちゃうよね。

だから、うららちゃんは悪くない。

でも、他人に思いっきり嫉妬したあと、目の前のことで工夫してみることも楽しいよ

誰かのことをうらやましいと感じてしまうことってありますよね。

そんな時、うらやましいと感じた自分を責めてしまったりと自己嫌悪に陥った経験が私もあります。

凪のこの言葉は自分も受け入れ、そこから楽しむこともできる言葉で私は大好きです。

「凪のお暇」元カレ・慎二の名言

(引用元:Twitter/@bJesGtun9saRb7B)

「凪のお暇」元カレ・慎二の名言とTwitterの反応をみてみます。

「八方ブスより良くね?」(第5話)

(引用元:Twitter/@mohei109)

「凪のお暇」凪の元カレ慎二の職場に新しく大阪から来た同僚が市川円が八方美人と言われるという悩みを慎二に相談したら、慎二から出た言葉です。

私も八方美人と言われたことがありますが、結構傷つきますよね。

そんな時に「八方ブスより良くね?」

こう言ってもらえると、心が軽くなるし、確かにそうかも…と自分を肯定できます

→「凪のお暇」慎二の号泣シーンを全部無料で見ることもできます!

「凪のお暇」隣人・ゴンの名言

(引用元:Twitter/@ponkotsu8go)

「凪のお暇」隣人・ゴンの名言とTwitterの反応をみてみます。

もっと力を抜いていいんだよ。せっかくのお暇なんだしさ。(第3話)

(引用元:Twitter/@dogatch)

隣のゴンとどんどん仲良くなっていき、凪がゴンの部屋に遊びに行った時に言われた言葉です。

周りへ気づかいをする凪に対して優しく抱きしめながら

「ずっと一生懸命ちゃんとしようって頑張ってきたんでしょ。もっと力抜いていいと思うんだよ。せっかくのお暇なんだしさ。

と言い、キスをしました。

正直、これは反則です。

日頃から周りへ気づかいを頑張ってしまう人からすると、絶対に恋に落ちてしまいます。

それくらい優しいいたわりのある言葉ですよね。

→ゴンと凪のキスシーンだって無料で何度も胸キュンできる!

嫌いなことを口に出して言うと自覚して楽になるよ。(第8話)

(引用元:Twitter/@mayasan_5maasan)

凪の実家からとうもろこしが大量に届きました。

その皮むきをゴンと慎二と3人でしているシーンで、凪が「実はとうもろこしが嫌いだ」と発言します。

「味は甘くて好きだけど、ぎっしり並んでいる見た目がどうも苦手だ。でも、子どもの頃に母の前で食べなかったら、捨てられて私のせいにされたことがあり、それ以来、母の前ではとうもろこしを美味しそうなフリをして食べるようになった」と話しました。

その時ゴンが、「嫌いなことを口に出して言うと楽になるよ」と言ってくれたことで、凪は「とうもろこしが嫌いだ」と言います。

もしかしたら、凪は「母が嫌いだ」と言いたくて、でも言えなかったのかなと私は思いました。

まだ凪自身、母の事を言葉に出して認められないのかもしれません。

しかし、ゴンの言葉は確かにそうであると思います。

嫌いだと認められな時の方が心の中にたまってしんどいですが、一度受け入れてしまうと自分自身が楽になりますね。

もちろん、嫌いだと認めるのにも、勇気がいることではあります

「凪のお暇」隣人・うららちゃんの名言

(引用元:Twitter/@thetvjp)

「凪のお暇」隣人・うららちゃんの名言とTwitterの反応をみてみます。

「一緒にいて楽しい人は自分で選べる」(第5話)

(引用元:Twitter/@_Mo_n_Mo_n_)

うららちゃんは友達のママに「うららちゃんと遊ぶな」と言われました。

うららちゃんが友達と遊んでいない場面を見てしまった凪ですが、その後、ママたちの目を盗んで仲良く会話している姿を見ておどろいた凪に言ったうららちゃんの言葉です。

「私たち、大人が思っているほど子どもじゃないし、一緒にいて楽しい子は自分で選べます」といいました。

子ども子どもと思っているのは大人だけで、子どもはちゃんと自分を持って遊びたい子を選んでいるんだなと感心しました。

うららちゃんは「凪ちゃんの髪の毛を触りたい~」と子どもっぽい表情も見せる一方で、しっかりとした子で私は大好きです。

仕事や近所の人など気が合わなかったとしてもうまく付き合っていかないといけない

大人の人間関係を考えさせられますね。

個人的には、私が一番好きな名言です。

友達になればいいんだよ(第8話)

(引用元:Twitter/@pinopino_pion)

慎二が凪のことを大好きだという本音を凪に知られてしまった慎二は、凪にどう接すればいいか悩んでいました。

そんな時、うららちゃんから「もう凪ちゃんをいじめないでね」と言われた慎二が「いじめないよ。でも、どうしていいかわからないんだよ」と言うと、うららちゃんは「そんなの簡単だよ。お友達になればいいんだよと言います。

その通りですね!!難しく考えるから難しくなるだけであって、慎二も本音では凪と仲良くなりたいんです。

うららちゃんの言葉は素直にストレートに心にしみますね。

「凪のお暇」2階のおばあさん・吉永さんの名言

(引用元:Twitter/@senritsusaaya)

「凪のお暇」2階のおばあさん・吉永さんの名言とTwitterの反応をみてみます。

「男女の悲劇の引き金はね、いつだって言葉足らず。彼はただ好きって伝えるだけで良かったのよ」(第2話)

(引用元:Twitter/@_aki1007)

「凪のお暇」第2話で、ゴンと出かけていて留守だった凪の部屋を訪れた慎二に、2階の吉永さんが声をかけて、凪の帰りを待つ間一緒に映画を見て会話するシーンです。

映画は好きの一言が言えずにすれ違う「風と共に去りぬ」でした。

その映画も、なんてタイムリーな!!

この映画の結末の話になり、結局お互いにすれ違って別れてしまったことを言い、吉永さんが言いました。

男女の悲劇の引き金はね、いつだって言葉足らず。彼はただ、好きって伝えるだけでよかったのよ」と。

それを聞いて慎二は何か自分と重ねてしまったのか、帰ってきた凪に素直に気持ちを伝えようとして失敗します。

ただ、吉永さんの言葉は慎二だけでなく私たち視聴者にも響きましたね。

好き同士でもすれ違いで結ばれないこともあります。

自分の気持ちを素直に伝えることの大事さが身に沁みますね

→吉永さんの節約レシピも動画で見ながら作れる、かも?

「凪のお暇」スナックバブルのママ・武田真治ママの名言

(引用元:Twitter/@nagino_oitoma)

「凪のお暇」スナックバブルの武田真治ママの名言とTwitterの反応をみてみます。

「自分のことを聞き上手と思ってる?(会話が下手なのは)あんたが他人に興味ないからよ」(第6話)

(引用元:Twitter/@meshigaumaina)

第5話でゴンとお別れした凪はスナックバブルのママに誘われて、スナックバブル2号店でボーイとして働き始めました。

しかし、凪はお客様とうまく会話のキャッチボールができないことに悩んでいました

会話がうまくいくという本を読んでみてもダメ。

お客様から会話を振られても、うまく返せず終話。

そんな悩んでいる凪にスナックバブルのママはこうアドバイスします。

「自分のことを聞き上手と思ってる?

あんたの場合は相手の顔色をうかがうばかりで、何のボールも投げてこないから、

相手が気を使って話題を作ってくれているだけ。

じゃあ、あんたが会話のボールを自分から投げられない理由は何でしょう?

あんたが相手に興味ないからよと。

これは直球でずしんときましたね。

凪自身もはっとします!

しかも、その後バブルの客としてたまたま再会した慎二からもお前は自分を好きな人にしか興味ない」とも言われ、またまたはっとします。

慎二の「わかる~(本当に分かっているわかる~)」と、自分の「わかる~(わかっていないけど合わせているだけのわかる~)」の違いにも気づきます。これはかなりの名言ですね。

私自身も含めて、他人に興味を持って接してきたかなと考えさせられる言葉ですね。

「凪のお暇」凪の友人・坂本さんの名言

(引用元:Twitter/@iamsosleeepy)

「凪のお暇」凪の友人・坂本さんの名言とTwitterの反応を見てみます。

楽しかったです。こんなワクワクする気持ち、きっとまたこれからもみつけられますよ(第8話)

(引用元:Twitter/@riposoom)

凪が北海道の母に会いに行った時に、家のリフォーム代を遠回しに請求され、結局坂本さんと共にコインランドリーを経営する話は白紙に戻りました。

そのことを心から謝った凪に対して、坂本さんは楽しかったです。こんなワクワクする気持ちがまだ自分にも残っていたなんて。きっとこれからも、ワクワクすることを見つけられますよと言いました。

坂本さん、なんて優しいんでしょう!

でも、ワクワクする気持ちは大人になるとどんどんなくなっていきます。

だからこそ、いつまでもワクワクする気持ちを持ち続けたいと思わせてもらえる言葉ですね。

「凪のお暇」にはアドリブシーンもあった?・慎二の「どすこい?どすこい?」

(引用元:Twitter/@haihai0928)

「凪のお暇」にアドリブシーンがあったのでは?と話題にもなっています。

凪がボーイとして働きはじめたスナックバブル2号店にお客さんとして訪れた慎二ですが、凪に会った時、とっさに「初めまして」と初対面のフリをします。

そんな慎二のことを「がもちゃん今、ハートブレイク中だから」

「大好きな彼女にフラれて、毎日ここで号泣」と、失恋号泣を凪にバラしてママが紹介します。

「店に来ちゃあ泣いて、愚痴って泣いて愚痴って泣いて、もう嫌だったぁ~」と続けられる中、慎二は凪に聞かれまいと、

「あ~!ビールだ!ビール、欲しいな。夏はビールに限るもんね。

ビールあともう一本、キンキンに冷えたやつが欲しいの。俺ビール好きだから。

キンキンに冷えた方がシュワシュワすっから…どすこいどすこい

と続けます

このセリフが高橋一生のアドリブではないか!?可愛すぎる!?と話題です。

本当に話題になっていますが、アドリブだったようですね。

武田真治ママも笑っていますよね。

でも、可愛すぎます(好きです(笑)

再びドラマでアドリブが飛び出すことはあるのでしょうか?

ラストまで一気見して確かめるのもアリかもしれませんね!

凪のお暇名言・名セリフ・名シーンまとめ

「凪のお暇」では話題の名言や名セリフのある名シーンをいくつか紹介してみました。

調査して分かりましたが、確かに名言の宝庫です。

まだまだ載せていない名言もあります。

また、これから名言が出てきそうな予感は慎二行きつけのお店で武田真治さんが演じるバブルママです。

凪にとっても慎二にとってもいいスパイスを与えてくれそうな予感がしますが、

今後の展開も名言とともに楽しみにしたいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

凪のお暇相関図キャストゲストも紹介!プロフィールとSNS情報!黒木華・高橋一生他

凪のお暇動画1話から見逃し配信を無料視聴!ドラマをフルで一気見するならここ!

凪のお暇うらら役の子役は白鳥玉季で吉田羊の娘役!お隣さんは今時の子?

NO IMAGE

凪のお暇2話見逃し動画無料は9tsu・miomioで見ても大丈夫?配信情報をご紹...

凪のお暇つまらない面白いイライラで泣ける?脚本家は大河ドラマも手掛けたあの人!

凪のお暇キャストミス微妙?イメージと違うのは年齢だけ?

Translate »
error: Content is protected !!