ストロベリーナイトサーガ車でキスシーンが話題!インビジブルレイン8話

「ストロベリーナイト・サーガ」インビジブルレインという重い内容での第8話で、車中での濃厚キスシーンが話題。

姫川玲子を演じる二階堂ふみと、極桜会の会長・牧田勲を演じる山本耕史のキスシーンが視聴者を釘付けにしました。

そのキスシーンは「ストロベリーナイト・サーガ」8話のどのシーンなのか、映画版との違いなども含めてご紹介します。

それではTwitterの反応から見ていきましょう。

→今すぐ「ストロベリーナイトサーガ」最新話のフル動画を無料視聴する←

▲1か月以内の解約で無料視聴が可能です▲

(引用元:Twitter/@team_himekawa)

「ストロベリーナイトサーガ」第8話・車中での濃厚キスシーンが話題!二階堂ふみ×山本耕史

(引用元:Twitter/@kikuronohi)

「ストロベリーナイト・サーガ」第8話の、車内での濃厚キスシーンが話題になっていましたね。

まずはTwitterの反応を見てみましょう。

 

 

 

 

ドキドキしたり、いきなりのキスシーンで家族で気まずくなったりなど、様々な反応でしたね。

2019年春ドラマでゲイ役を演じている山本耕史さんの、色気たっぷり演技のふり幅も話題になっていましたね。

ところで、どのような流れからキスシーンになったのでしょうか?

「ストロベリーナイト・サーガ」8話のネタバレをしていきます。

→今すぐ「ストロベリーナイトサーガ」最新話のフル動画を無料視聴する←

「ストロベリーナイト・サーガ」キスシーンはどんな流れから?

まずは「ストロベリーナイト・サーガ」インビジブルレイン第8話のあらすじをご紹介します。

第8話の予告動画がこちらです。

そして、第8話のあらすじがこちらです。

暴力団組織・六龍会の構成員、小林充(古野陽大)が殺害された事件の重要参考人として柳井健斗(寺西拓人)の名が浮上する。柳井は過去に実姉を何者かに殺され、さらに、警察の誤認により容疑を着せられた実父を自殺で亡くしていた。警察上層部はその不祥事を隠ぺいするべく「柳井を追うな」と指示を出す。そんな中、姫川玲子(二階堂ふみ)は菊田和男(亀梨和也)たちを巻き込まないよう、単独で捜査を進める。

小林殺害事件には暴力団組織同士の内部抗争の可能性があるが、かつて小林は柳井の姉と恋人同士だった。もし、柳井の姉を殺害したのが小林だとしたら報復のために柳井が小林を殺害した可能性もある。
時を同じくして柳井の行方を追っていた牧田勲(山本耕史)。牧田は西堂組傘下、極桜会の会長だった。初めこそ素性を知らずに接触した姫川だが、その正体が明らかになった後も、お互い本能的に惹(ひ)かれていく姫川と牧田。そんな中、西堂組跡目争いの本命と目される仁龍会会長、藤元英也(鈴木隆仁)が殺害された。組織の内部抗争の可能性が高まる。

そんな中、姫川は今泉春男係長(山口馬木也)と橋爪俊介管理官(岡田浩暉)に呼び出された。藤元を撃ったと思われる拳銃が見つかり、付着していた指紋が柳井の部屋で勝俣健作(江口洋介)が採取したものと一致したのだ。橋爪は、柳井の身柄を確保するしかないと姫川に命令。姫川は再び牧田と接触し、情報を得ようとするが・・・。

(引用元:https://www.fujitv.co.jp/strawberrynight/story/story_08.html)

姫川と牧田のキスシーンまでのネタバレ

(引用元:Twitter/@team_himekawa)

あらすじ以降の、姫川と牧田のキスシーンまでのネタバレです。

柳井について話を聞くために、姫川は牧田とカラオケボックスで会う。

牧田の話で柳井は情報屋だったとわかる。

柳井が持っている情報を買いたい、だから柳井を追っているのだと話す牧田。

牧田と柳井のやりとりは電話で行われ、お金は「わかまつしげゆき」名義の口座に振り込んでいたとわかり、姫川は口座を調べるよう菊田に電話で指示する。

カラオケボックスを出た後、牧田は「ちょっとつきあえよ」と姫川に車に乗るよう促す。

姫川と牧田は車内でふたりきりに。

どこへいくのか?とたずねる姫川に、牧田はふたりきりになれればどこでもいい、あなたがほしいと言う。

牧田はとある駐車場に車を停め、いきなり姫川にキスをする。

ネタバレはここまでです。

車を止めた後、いきなり始まってしまったキスシーン。

最初は抵抗していた姫川ですが、牧田の力ずくのキスにおちてしまったようです。

キスの途中で「わかまつしげゆき」名義の口座を調べた菊田から電話があり、キスシーンは終了

強引なキスに抵抗しきれなかった姫川は、牧田にひかれていく気持ちを抑えきれなくなったのでしょうね。

今回のシーンは何度も動画で見たくなる内容でしたね。

→今すぐ「ストロベリーナイトサーガ」最新話のフル動画を無料視聴する←

映画版「ストロベリーナイト・サーガ」にもラブシーンがあった?比較

(引用元:Twitter/@KieOneday)

なにかと前作品と比較されがちな「ストロベリーナイト・サーガ」ですが、映画版の竹内結子と大沢たかおさんのラブシーンもかなり濃厚で、話題になっていましたよね。

Twitterの反応と合わせて、シーンを比較していきたいと思います。

まずはTwitterの反応を紹介します。

 

 

 

 

映画版の「大沢たかおさんの色気がヤバかった」「ドラマ版の山本耕史さんもいい」などの声があがっていました。

映画「ストロベリーナイト」の大沢たかおさんを始めとする役者さんたちの色気にやられてしまった方も多いようで、今回のドラマ版は物足りないと感じる方も多いようです。

さらに、今回第8話で話題になったキスシーンも、映画版との違いがあるようです。

電話が入り途中までのキスシーンとなったドラマ版「ストロベリーナイト・サーガ」インビジブルレインですが、映画版ではこんなシーンとなっていました。

(「わかまつしげゆき」名義の口座を知ってからの展開です。)

牧田は自分と同じように、姫川も心に闇を抱えていることに気づいていた。

姫川もまた、心の闇を感じさせる牧田に惹かれる。

そして、ふたりは車内でキスをし、愛し合う

姫川を守ろうと追っていた菊田は、それを目撃してしまう

雨の中菊田はただ立ち尽くす・・・

ここまでが、映画版ラブシーンです。

ドラマと映画とでは、だいぶ違いがありましたね。

まとめると、

  • 映画版はキス以上の関係になっているが、ドラマではキス止まり。
  • 映画版は雨が降っていたが、ドラマでは降っていない。
  • 映画版は菊田がふたりの情事を目撃してしまったが、ドラマではその場に菊田はいなかった。

たしかに、映画版「ストロベリーナイト」の方が濃厚ですね。

ふたりが体を重ねるシーンでは、牧田の背中に入れ墨が見えゾクゾクした、という方もいいました。

わたしもドラマを見て、久々に映画も見たくなったので、FODで見たのですが、二人の濃厚な絡みは凄かったです。

しかし、目撃した映画版菊田の切なさはいかほどだったのでしょう?

「映画版の菊田が切なすぎたから、亀梨版の菊田が目撃しなくてよかった」との声もありました。

たしかに、目撃しなかったのは菊田にとっては良かったと思いますが、いち視聴者としてはそんなシーンも見てみたかったです。

濃厚なラブシーンといえば、ミラーツインズでも藤ヶ谷さんの色気が凄かったですよね?

あちらもまた何度も見たい内容でした

→今すぐ「ストロベリーナイト」映画のフル動画を無料視聴する←

ストロベリーナイトサーガ車でキスシーンが話題!インビジブルレイン8話・まとめ

「ストロベリーナイトサーガ車でキスシーンが話題!インビジブルレイン8話」として、第8話で話題になったキスシーンを、Twitterの反応とともに紹介しました。

また、映画版ラブシーンとの違いもみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

映画の竹内結子&大沢たかお版ラブシーンの方が濃厚でしたが、実はドラマの方が原作と同じように描かれているようです。

原作も気になっちゃいますよね。

最終回へ向け、映画とドラマ、さらに原作との違いは、他にも出てくるのでしょうか?

この先のドラマ「ストロベリーナイト」インビジブルレインを、それぞれの違いに注目してみるのも面白いかもしれませんね♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!