春ドラマ2019

ミラツイ(ミラーツインズ)最新話7話ネタバレ・視聴率と感想!最終回予告と考察・復讐の幕引きと新たな真実

今回も放送終了後にはTwitterでトレンド入りしていた「ミラツイ(ミラーツインズ)」最新話の第7話。

ネタバレと感想、視聴率についてご紹介していきます。

先週、ついに明らかとなった勇吾の復讐相手、久能捜査一課長との直接対決!

勇吾の復讐もこれで幕引きか!?

そして「ミラツイ(ミラーツインズ)」といえば、ラスト5分の新たな真実・衝撃の告白!

視聴率の詳しい情報、ネタバレと共にTwitterでの感想もご紹介していこうと思います。

次回はついに最終回!

勇吾の復讐はこれで本当に幕引きとなったのか?

ラスト5分で明らかとなった新たな真実とは?

トレンド入りしたTwitterの反応とあわせて見ていきましょう。

ミラツイ(ミラーツインズ)」最新話・第7話 予告とあらすじ 

(引用元:Twitter/@tokaitv_dodra

「ミラツイ(ミラーツインズ)」最新話・第7話の予告動画はこちらです。

(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7b4HFwB-k9U)

第7話のあらすじはこちらです。

海野(湯江タケユキ)殺しの実行犯・山沢(新羅慎二)が自殺に見せかけ殺された。疑念を抱いた圭吾(藤ヶ谷太輔)は独自に捜査を始める。
一方、皆川(高橋克典)と勇吾(藤ヶ谷/二役)はついに事件の核心に辿りつこうとしていた。勇吾にとある写真を見せる皆川。「この男が、20年前の誘拐事件の黒幕だ」そこに映っていた人物は――警視庁捜査一課長・久能(石黒賢)だった――
すぐにも久能への復讐を実行しようとする勇吾を、皆川は押しとどめる。相手は捜査一課長、証拠は何もない。無策で太刀打ちできる相手ではない、と。

そんな中、久能もまた、真実を再び闇に葬り去るために動き出す。赤城(渡辺大)を呼び出した久能は、警察内部にいる内通者の存在を明かす。葛城勇吾に協力している人間が必ず警察内部にいる、と。「誰も信じるな。裏切り者を一人残らず突き止めろ」

事件は20年前から繋がっている――それが圭吾が導き出した答えだった。
圭吾は病床の母・春江(中村久美)を訪ねる。当時のことで、どんな些細なことでもいいから気になったことはないか、と春江に尋ねる圭吾。そこで聞いたのは春江の怨念とも言える警察への恨みだった――春江から当時の警察とのやりとりを録音したテープが残っていることを聞いた圭吾は急ぎその内容を確認するが――

圭吾が入院中の詩織(武田梨奈)を訪ねてくる。山沢について意見を求められる詩織だったが、ふと圭吾の様子に違和感を覚える。
「……葛城さんじゃない…あなたは!?」
そこにいたのは――圭吾の振りをした勇吾だった。事態は一気に動き出す。待っているのは絶望か、それとも救いか――― 結末へ向けて物語は加速していく!!

(引用元:https://www.mirror-twins.com/story/)

ネタバレ① ついに黒幕との直接対決!犠牲となったのは助けたかった娘

(引用元:Instagram/kenishiguro_official)

勇吾の誘拐事件は、やはり久能源一郎が娘を救う為に身代金目的で仕組んだ事件だった。

確信と突き切れない、証拠のない勇吾はまたしてもここで復讐に足止めを食らってしまう。

一方、圭吾は過去の記憶と資料を頼りに内部犯の線を追いかけていた。

母親からの協力で、家に保管してあった警察とのやり取りを録音したテープには、母親と久能の会話が録音してあった。

誘拐事件の捜査は、久能が自ら志願して担当についたことが判明すると、皆川から告げられた勇吾。

「俺に証拠は必要ない」と、行動に出た。

圭吾が手にした当時のカセットテープには、久能の関与が認められる証拠が収められている。

勇吾と圭吾は、久能源一郎へと辿り着く

そんな中、圭吾に扮した勇吾の手によって、久能詩織は誘拐されてしまう。

久能源一郎は、赤城を言いくるめて詩織の捜索へと向かうと、いよいよ勇吾との直接対決となる。

父親が立ち上げた募金サイトの募金により、生かされていると思い込んで来た詩織の目の前に、勇吾の20年間の苦痛が突きつけられた。

証拠もなく乗り込んだ勇吾の言葉に説得力はなく、進まぬ事態を進展させたのは圭吾からテープを預かった赤城だった。

赤城の言葉に、圭吾が見方として関わったことを知った勇吾の気持ちは動くのだろうか?

娘を守るため、久能源一郎は全てを自供した。

娘の命は助かったものの、心に大きな傷を刻む結果になってしまった。

ネタバレ② 母親が危篤状態!最後に勇吾を会わせたいと願う圭吾。勇吾は母親と対面できるのだろうか?

(引用元:Twitter/@taichan_rie

死を覚悟した勇吾と圭吾の母親がしたためる手紙の内容はいったい・・・

20年前の誘拐事件を思い出しながら捜査を進める圭吾に、ずっと警察を恨んでいたと零した母親は実家にある誘拐事件の資料について伝える。

誘拐犯の黒幕として久能源一郎に辿り着くと、母親の容態が急変した。

圭吾は里美を訪ねると、勇吾に母の状況を伝えるようお願いする

母親のために、勇吾のために、最後に会わせてあげたいと願った圭吾。

里美は勇吾に連絡するものの、母親に会うと復讐の気持ちが失せると勇吾は再会を拒んだ。

勇吾の代わりに里美が病院を訪れると、母親に勇吾のことを伝えた。

20年間苦しんでいたこと、ここへは来れないこと、戻りたかったけど、戻れなかったと。

傍で聞いていた圭吾は何を思ったのだろうか?

母親は息を引き取る直前に、圭吾への謝罪を口にするが、それは何を意味しているのか

20年間二人を悩ませ、苦しませたことへの謝罪だったのだろうか。

駆けつけるものの、勇吾は母親との対面には間に合わなかった。

ネタバレ③ まだ終わっていない!全ての真実はどこに?

(引用元:Twitter/@santamama2017

久能源一郎が誘拐事件についての供述を始めたことで、事件は解決に近付いたものと思った赤城に現実を突きつける久能源一郎。

誰も信じるな

勇吾との関与を否定した久能源一郎は、今一度赤城に内部犯の存在を臭わせる。

母が残した最後の手紙には、この物語最大の真実が記されていた。

「勇吾・圭吾の本当の父親は皆川耕作」

勇吾はこの真実を知って皆川と一緒にいたのだろうか?

誘拐事件の復讐は、ずべて皆川が仕組んだことだったのか?

母が最後に残した謝罪の言葉は、このことだったのかもしれない・・・

父親の真実を知った圭吾はどうするのだろうか。

全ての真実を知って、圭吾と勇吾は再会することができるのだろうか?

ついに次回、最終回・・・。

ミラツイ(ミラーツインズ)第7話の感想と視聴率は?Twitterの反応は?

第7話の視聴率は2.8%でした。

予想はしていたが、まさかの母親から告白された皆川が双子の父親だという事実。

確かに複線は多くありましたよね。

本当の息子のように圭吾を可愛がっていると、皆川・嫁の証言や、明かす気もないのに皆川家に子供がいないと触れてみたり・・・。

もしかしたらと思う節は多々ありましたよね。

Twitterでの反応はどうでしょうか?

今回は、勇吾が圭吾になりすますという、簡単そうで難しい場面もありましたね。

またしても藤ヶ谷太輔さんの演技に注目です!

次週はいよいよ最終回。

Season2へ考察も様々囁かれていますね。

予告では、勇吾が自殺してしまう?ような雰囲気も出ていましたが・・・。

それはない、そうなったらSeason2の意味がない!

と思いつつも、ドキドキ・ソワソワしてしまいますね。

ミラツイ(ミラーツインズ)第8話・最終回の予告と考察!

いよいよ最終回!

次回、最終回の予告動画はこちらです。

(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pxc8_TdO7b4)

最終回のあらすじはこちらです。

勇吾(藤ヶ谷太輔)の追及によって現・捜査一課長の久能(石黒賢)が逮捕される。だが、久能は赤城(渡辺大)に「裏切り者はもう一人いる」と伝える。一方、圭吾(藤ヶ谷/2役)もまた勇吾の協力者が誰なのか疑念を深めていた。そんな中、母・春江(中村久美)が遺した手紙で衝撃的な事実を知る圭吾。圭吾と勇吾の遺伝子上の父親は――皆川(高橋克典)だった!

皆川は、復讐を遂げた勇吾と里美(倉科カナ)を逃がすための算段を始めていた。警察や圭吾がどこまで追ってこようが、勇吾を逃がし切る。それが皆川の最後の目的だった。
一方、思わぬ形ではあったが誘拐犯たちへの復讐を遂げた勇吾。圭吾が里美に託した“母の想い”も知り、勇吾の中で何かが変わろうとしていた。だが――
これからの事はゆっくり考えよう、と言う里美に、寂しげに微笑む勇吾。里美はその表情に一抹の不安を覚えて――

「勇吾と何があったのか、全て教えてください」
勇吾の協力者が皆川であることを確信した圭吾は、皆川と対峙する。証拠がないとはぐらかそうとする皆川を、圭吾は「家族の僕には知る権利がある」と見据える。その目の強さに、皆川は静かに語り出す。全ての真相を…そして勇吾の最後の願いを――
「あいつの最期の望みは……英里ちゃん(里美)の幸せだ」
その頃、勇吾は里美と共にある海辺に来ていた。「どこに逃げるの?」と聞く里美に、「もう二度と戻れない場所だ」と告げる勇吾。そして覚悟を決め振り返る。
「お前とはここまでだ。……お前は連れていかない」

20年前の誘拐事件がもたらした数奇な運命に翻弄された宿命の双子。
勇吾の哀しき復讐の結末は!?果たして圭吾は勇吾の心を救うことが出来るのか!!?
愛と裏切りのクライムサスペンス。慟哭のシーズン1、ついに完結!!

(引用元:https://www.mirror-twins.com/story/)

母の想いを知り変化が生まれた勇吾はどうする?

勇吾の最後の望みは里美の幸せだと、皆川から告げられる圭吾は?

もしかしたら根本的には、そう違わない双子だったのかもしれない。

二人を見てきた皆川だからこそわかるところもあるだろう。

勇吾よ圭吾、そして皆川、家族は一つになれるのだろうか?

ミラツイ(ミラーツインズ)最新話7話ネタバレ・視聴率と感想!最終回予告と考察・復讐の幕引きと新たな真実 まとめ

ミラツイ(ミラーツインズ)最新話7話ネタバレ・視聴率と感想!最終回予告と考察・復讐の幕引きと新たな真実 いかがでしたか?

最初からあったことですが、ドラマのラスト5分に大事な話をしてくる感じ、本当に一週間が長く感じて仕方なかった。

それも来週で終わりなんですね。

どうなるのが二人にとっていい結果なのか、想像もつきませんね。

次回「ミラツイ(ミラーツインズ)」Season1最終回、絶対に見逃せません!

error: Content is protected !!