女の機嫌の直し方ドラマ視聴率一覧と世間の感想!1話から最終回まで

(引用元:https://www.ntv.co.jp/kigen/)

3月16日(土)24:55~スタートの2019年の春ドラマ「女の機嫌の直し方」は、「妻のトリセツ」などの著者・黒川 伊保子氏の書著を原案としています。

また、脚本協力をお笑い芸人の横澤夏子さんがしており、2019年には映画も公開されるという鳴り物入りの2019年春ドラマです。

主演は早見あかりさんと平岡祐太さんのW主演ということでも話題になっていますね。

そんなドラマ「女の機嫌の直し方」は深夜の放送ですが、どれくらい視聴率が取れているのでしょうか?

1話から最終回まで調査して、一覧でご紹介したいと思います。

ドラマ「女の機嫌の直し方」の視聴率を調査!結果を一覧で発表

 

ドラマ「女の機嫌の直し方」は、原案が黒川 伊保子氏の同名の著書「女の機嫌の直し方」です。

主人公の大学生・真島愛が結婚式場を舞台に男女の脳の違いを分析し、男女間の様々なトラブルを解決するというストーリーとなっています。

もう一人の主人公・青柳誠司は、熱血ウエディングプランナーでちょっと空回り気味ですが、愛ちゃんとのコンビがクスリと笑えるハートフルな作品となっています。

ドラマ「女の機嫌の直し方」1話の視聴率は?

ドラマ「女の機嫌の直し方」の1話の視聴率はまだ発表されていません。

深夜枠での放送ということで、リアルタイムよりも録画または見逃し配信で見る人が多いかもしれませんね。

ドラマ「女の機嫌の直し方」1話のストーリーは?

大学でAIの研究をしているリケジョの真島愛(早見あかり)は、『男女脳の違いによる女の機嫌の直し方』をテーマに卒業論文を執筆中。データ収集のために、“男女トラブルの宝庫”結婚式場でアルバイトをすることにした。

その初日。上司となった熱血ウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とともに、あるカップルの結婚式を担当することに。新郎新婦の入場まで、あと15分。愛と青柳が控室に顔を出すと、新婦・北澤茉莉(松井玲奈)と新郎・悠(佐伯大地)の間には、かすかなトラブルの予感が漂っている。茉莉に生まれている“不機嫌”に気づいたのは、愛だけだった……。

そんな中、事件が起きる――茉莉のウェディングドレスがワインで汚れてしまった!「すぐに代わりのドレスをご用意します!」 青柳と悠が式に間に合わせようと動き出すが、茉莉は「私、これがいい。これじゃないと……」と首を縦に振らない。開演時間はとうに過ぎ、茉莉が汚れたドレスにこだわる理由がわからない悠は、思わず声を荒らげてしまう。すると、茉莉の口から、最悪の言葉が飛び出した――「私、結婚やめます!」

新婦の機嫌を損ねてしまった悠。このままでは披露宴どころか、結婚自体がダメになる。「なんなんだよ、わけわかんない!」と困り果てた悠、絶望的な青柳……。そこで愛が口を開く……「彼女が欲しかったのは、解決策じゃなく、共感です」

果たしてこの披露宴、無事に開宴できるのだろうか……!?

(引用元:/https://www.ntv.co.jp/kigen/story/)

ドラマ「女の機嫌の直し方」1話の視聴率と世間の感想は?

視聴率は発表され次第お知らせします。

1話の感想・ネタばれはこちらから。

 

 

 

第1話は松井玲奈さん佐伯大地さんがメインのストーリーでしたね。

推しのキャストさん見たさに見る方も多いみたいです♪

ドラマ「女の機嫌の直し方」第2話の視聴率は?

ドラマ「女の機嫌の直し方」の2話の視聴率はまだ発表されていません。

ドラマ「女の機嫌の直し方」第2話のストーリーは?

再び、披露宴の開宴10分前。新婦のウェディングドレスが汚れた頃――。

「あんたたち、やる気あんの!?」新郎・悠の同僚である小早川梓(水沢エレナ)が、ベリーダンスの衣裳で男たちを叱りつけている。宴席で披露する余興のリハーサルだ。ノリノリで張りきり、絶対成功させるぞ!と気合いの円陣まで組む梓に、林剛(前田公輝)たち同僚男子はタジタジだ。

ところが。会場に入った梓の表情が凍りつく。視線の先には、上司である芹沢保(西村直人)とその妻・玲子(竹中友紀子)が。「奥さんが来るなんて聞いてない!」 実は梓は、芹沢と不倫関係にあるのだった……。そんな事情を知っている林たちは、玲子に挨拶しようとする梓を慌てて止めるが、梓の機嫌は次第に悪くなっていく。仲睦まじい芹沢夫妻の様子に、ついに梓の口から最悪の一言が飛び出した――「私、余興やりたくない!」

梓がいないとこの余興は成立しない! 林たちは大慌て、あの手この手で説得するが、梓の機嫌は直らない。青柳にとっても、「余興は披露宴の花」なのに……。男たちにあきらめムードが漂う中、林が最後の説得を試みる。愛が授けたアドバイスは……「彼女の話を聞いてあげてください。絶対に話の腰を折らないで」

果たして余興は無事に披露できるのだろうか……!?

(引用元:/https://www.ntv.co.jp/kigen/story/

ドラマ「女の機嫌の直し方」2話の視聴率と世間の感想は?

視聴率は発表され次第お知らせします。

第2話の感想・ネタバレはこちらから

第2話は、水沢エレナと前田公輝がメインの回でしたね。

Twitterの反応を見てみましょう♪

ドラマ「女の機嫌の直し方」第3話(最終回)の視聴率は?

ドラマ「女の機嫌の直し方」の第3話の視聴率はまだ発表されていません。

ドラマ「女の機嫌の直し方」第3話のストーリーは?

再び再び、披露宴の開宴10分前。新婦のウェディングドレスが汚れた頃――。

新婦・茉莉の伯父である新谷大悟(金田明夫)がスピーチを暗記しようとしている。 「おい、スピーチの原稿」 横柄に妻の里子(原日出子)に命じる大悟。頭にはベッタリ整髪料がついているのに、「あと、頭のアブラも」と取りに戻らせるなど、里子を家政婦扱いだ。

宴席のテーブルでも、大悟は里子を腐して笑いを取る。親族たちの手前、合わせて笑う里子だったが、本心ではこんな夫に辟易としていた。そんな二人の様子が気になっていた愛は、里子の発したある言葉に、ピクリと反応する――「あなたって、どうしてそうなの?」

愛は青柳に話す。その言葉は、熟年離婚の危機が迫っていることを示す、言わば「イエローカード」だと。そして大悟に、事態はあなたが思っているより深刻だと伝えるが、“昭和の男”な大悟は耳を傾けようとせず、スピーチのことばかり気にしている。機嫌を直すどころか、ついに口論になってしまう大悟と里子。整髪料を要求する大悟の態度にブチ切れた里子は、テーブルのオリーブオイルを大悟に注ぎかけ、愛が恐れていた、離婚宣言に等しい「レッドカード」の言葉を、とうとう口にした――!

果たして、大悟のスピーチはどうなる? 熟年離婚寸前のこの夫婦は、そしてこの披露宴は、どうなってしまうのか……!?

(引用元:/https://www.ntv.co.jp/kigen/story/)

ドラマ「女の機嫌の直し方」第3話の視聴率と世間の感想は?

視聴率は発表され次第お知らせしますね。

3話の感想・ネタバレはこちらから

第3話は、原 日出子さんと金田明夫さんがメインのストーリーとなっていました。

早速、Twitterの反応を見てみましょう。

ドラマ「女の機嫌の直し方」1話から最終回視聴率一覧・まとめ

「女の機嫌の直し方」1話から最終回視聴率を一覧でご紹介しました。

ドラマを見逃してしまった方は、こちらから視聴してくださいね。

ドラマは、3月1か月で終わってしまいましたが、今度は映画が待っていますね。

さまざまな男女脳のトラブルによるオムニバス映画?楽しみです♪

ドラマ「女の機嫌の直し方」キャスト紹介、ストーリーや映画化情報一覧へ戻る

春ドラマ2019感想や評価は?地上波・abema・配信まとめ一覧へ戻る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!