女の機嫌の直し方ドラマ3話(最終回)の感想・ネタバレ!ストーリーは熟年離婚!?

2019年3月30日(土)に日本テレビの深夜枠で3話が放送されるドラマ「女の機嫌の直し方」ですが、2話では新郎の同僚たちに起こったトラブルを主人公の愛ちゃんが解決しましたね。

あっという間に最終回を迎えた「女の機嫌の直し方」ですが、さてさて、3話はどのような展開になるのでしょうか?

ストーリーや感想をお伝えしたいと思います。

ストーリー・感想はネタバレあり、なのでご注意くださいね。

ドラマ「女の機嫌の直し方」3話のストーリーは?

ドラマ「女の機嫌の直し方」3話ストーリーのイントロ部分はこちらです。

再び再び、披露宴の開宴10分前。新婦のウェディングドレスが汚れた頃――。

新婦・茉莉の伯父である新谷大悟(金田明夫)がスピーチを暗記しようとしている。 「おい、スピーチの原稿」 横柄に妻の里子(原日出子)に命じる大悟。頭にはベッタリ整髪料がついているのに、「あと、頭のアブラも」と取りに戻らせるなど、里子を家政婦扱いだ。

宴席のテーブルでも、大悟は里子を腐して笑いを取る。親族たちの手前、合わせて笑う里子だったが、本心ではこんな夫に辟易としていた。そんな二人の様子が気になっていた愛は、里子の発したある言葉に、ピクリと反応する――「あなたって、どうしてそうなの?」

愛は青柳に話す。その言葉は、熟年離婚の危機が迫っていることを示す、言わば「イエローカード」だと。そして大悟に、事態はあなたが思っているより深刻だと伝えるが、“昭和の男”な大悟は耳を傾けようとせず、スピーチのことばかり気にしている。機嫌を直すどころか、ついに口論になってしまう大悟と里子。整髪料を要求する大悟の態度にブチ切れた里子は、テーブルのオリーブオイルを大悟に注ぎかけ、愛が恐れていた、離婚宣言に等しい「レッドカード」の言葉を、とうとう口にした――!

果たして、大悟のスピーチはどうなる? 熟年離婚寸前のこの夫婦は、そしてこの披露宴は、どうなってしまうのか……!?

(引用元:/https://www.ntv.co.jp/kigen/story/

今度は新婦の伯父と伯母に事件勃発か!?

どのように解決していくのか楽しみですね。

ドラマ「女の機嫌の直し方」3話のネタバレ注意ストーリーは?

ドラマ「女の機嫌の直し方」3話のネタバレストーリーはこちらです。

妻を家政婦扱いする大悟

披露宴でスピーチを披露する新谷大悟は、「原稿原稿!喉シュッシュ!頭の油」と妻の里子に必要なものを連呼して家政婦扱い。

「頭の油は持ってきてませんよ。」と里子が言うと、「なんだよ気使えないなぁ!」と一蹴。

機嫌を損ねた里子に対しても、「ブスッとすんなよ、いつもこれだ」と言い相手にしない様子。

里子から熟年離婚のイエローカードが・・

「あなたってどうしてそうなの?」

その後も険悪なムードが続いた二人に、ついに里子は熟年離婚のイエローカードであるその言葉を発して、出て行ってしまう。

スピーチの原稿は里子が持っているため探しに出るが、トイレにこもっていた里子に対しても間違った説得をしてしまい、事態はより深刻になる。

長年の不満が爆発、熟年離婚のレッドカードへ

席に着いた二人は、再び口喧嘩を始める。

「私だって着たかった、花嫁衣装」「あなた一度だって私にありがとうって言ったことあった?」「私の作ったご飯を食べて、美味しかったよありがとうなんて言ったことある?」

そんな里子の訴えに「そんなもん言わなくたって当たり前だよ、帰ってからにしろ!」と怒鳴り返す大悟。

そしてついに里子は長年の不満が爆発してしまう。

新郎新婦のキャンドルサービスが始まり、我慢の限界に達した里子は大悟の頭に油をかける。

そして熟年離婚のレッドカードである「あなたと一緒にいる意味がわからない」という言葉を放った。

出来事を感情に紐付ける女性脳

「昔話ばっかり蒸し返してきやがって・・」と言いながら頭にかけられた油を拭く大悟に、

「女性脳の特性なんです、それ」と声をかける愛。

女性脳は出来事を感情と紐付けて記憶するため、今の里子の感情と同じ感情を持った出来事を芋づる式に出してくるのだそう。

そして、レッドカードである「あなたと一緒にいる意味がわからない」という言葉をむし返せる魔法の言葉が一つだけあると話す愛に、

「別れたきゃ別れてやるよ」と突き放す大悟。

愛する男の愚痴は女性へのプレゼント

「あなたと一緒にいる意味がわからない」その言葉の本当の意味は「寂しい」であると話す愛。

「男が仕事で家を空けるのは当たり前だろ」と言う大悟に、

愛は「女性は物理的に放っておかれたから寂しがるのではなく、愛する人の人生に役立てずに締め出されることに寂しさを感じるのだ」と話す。

だからこそ、支えたい女性にとって、愛する男の愚痴は女性へのプレゼントなのだそう。

レッドカードをむし返せる魔法の言葉

里子から原稿を受け取った大悟は、スピーチで原稿通り3つの袋の文章を読み始めた。

しかしスピーチの最中で会場を立ち去ろうとする里子に、大悟は原稿を捨てて話を始める。

「腹が立ったらすぐに怒鳴ってしまう、一緒に稼いだ給料?俺が稼いだ金だ、感謝しろ。

それでいいと、男は思ってしまうものなんですよ、家族だから。

安心して気を使わなくていい相手、それでも変わらずそばに居てくれる女、それが女房なんです。

あなたと一緒にいる意味が分からない??

バカなこと言うな!一緒にいるだけで意味があるんだよ、そんな女はお前だけだ!!」

震えながら叫ぶ大悟の姿に、里子は目に涙を溜めて、拍手を送った。

大悟は愛に教わった、レッドカードをむし返す魔法の言葉を言ったのだった。

ドラマ「女の機嫌の直し方」3話の感想は?

最後のスピーチ、大悟が原稿を捨てて話すシーンは思わず感動してしまいました。

本当は愛し合っているはずなのに、うまく伝えきれずにすれ違ってしまうことってありますよね。

このドラマを通して、女性と男性の脳の違いを知るということがどれだけ大切かを実感しました。

お互い完全に理解し合うことは難しいけれど、その脳の違いを知っておくだけでも明らかに意味があると心から思います。

それに何と言っても、共感することが多かった(笑)

確かに男性は、女性に愚痴をこぼさないことが良いことだと思っているけれど、

女性は男性の愚痴を聞くことに喜びを感じるんですよね。

そう言った奥底の感情を、しっかりと具現化してくれたドラマなような気がします。

ドラマとしてはこの3話が最終回のようですが、まだまだこの結婚式の問題は残っているようなので、映画が楽しみですね。

女の機嫌の直し方ドラマ3話の感想・ネタバレ!ストーリーは熟年離婚の危機!?まとめ

ドラマ「女の機嫌の直し方」3話(最終回)の感想・ネタばれはいかがでしたか?

結婚式場で繰り広げられる人間ドラマ、かなり見ハマってしましました♪

これは、映画で見るのが楽しみですね!

ドラマ「女の機嫌の直し方」キャスト紹介、ストーリーや映画化情報一覧へ戻る

春ドラマ2019感想や評価は?地上波・abema・配信まとめ一覧へ戻る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!