春ドラマ2019

藤田頭取と横山専務が共謀でグル?ダイバーサーチと資本提携?集団左遷8話ネタバレ

藤田頭取と横山専務は共謀でグルなのでしょうか?

ダイバーサーチと資本提携の話があがった「集団左遷」8話。ネタバレが知りたくなりますね!

横山の裏金づくりを暴くため、片岡が奔走。ようやく突き止めたにも関わらず、最後の最後で、藤田頭取が・・・!

藤田頭取と横山専務が共謀していてグルなのでしょうか?

集団左遷8話ネタバレも含めつつ、藤田頭取と横山専務が共謀でグルなのか?ダイバーサーチと資本提携するのか?についてご紹介します。

(引用元:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/)

→今すぐ「集団左遷」第8話フル動画を無料で視聴する←

「集団左遷」藤田頭取と横山専務は共謀でグルなのか?8話ネタバレ①

(引用元:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/)

「集団左遷」の藤田頭取と横山専務は共謀していてグルなのでしょうか?

まずは8話でのTwitterの反応から見ていきましょう。

Twitterでは、最初から藤田頭取を怪しむ人もいましたね。

 

 

 

 

隅田から、レジーナホームズの不正融資の実態調査を頼まれた片岡は、真山とともに調査します。

しかもこの極秘調査の件は、藤田頭取からの指示だといいます。

書類上は入居率90%以上の優良企業にも関わらず、ネット上の評判はかなり悪いもので、不審に思う片岡と真山でした。

レジーナホームズに乗り込み、実際の入居状況を調査すると、50%以下でした。

ですが横山は先手を打って、金村支店長が実態に気づかず融資をしてしまったことにし、辞職させたのです。

更なる調査に踏み込む片岡は、レジーナホームズが、コスト削減のため強度に問題のある材料を使い施工していたことを突き止めます。

そんな状況なのに融資を続けていた理由は、裏金が動いていたのでは?と考えます。

その後の調べで、真山が入手した口座番号らしき数字が、裏金を受け取るための口座であることが判明します。

不安に思った金村は、横山と話をしに行きますが、その帰り際、横山やダイバーサーチジャパンのCEO、清水と会っているところを見てしまいます。

横山の思惑を察した金村は、片岡に全てを打ち明け、その入金の際の詳細を書いた手帳を託します。

突き止めた口座は全てペーパーカンパニーの物で、骨董屋を使って、二束三文の品物を買った代金として、裏金を役員たちに渡していたのです。

通帳は代々日本橋支店長が金庫で管理していましたが、すでに口座は解約されており、通帳も破棄されたと思われます。

ですが、金村が託した手帳には、横山始め、7名の役員たちの名前と金額が記されていました。

決定的な証拠である手帳を藤田頭取に預け、その後の会議の場で全てを暴露し、手帳の内容をモニターに映し出す片岡でしたが、そこにはなぜか、横山の名前が消えていたのです。

藤田頭取が、横山と何らかの取引をし、裏切ったのでした。

→今すぐ「集団左遷」第8話フル動画を無料で視聴する←

「集団左遷」三友銀行がダイバーサーチと資本提携?8話ネタバレ②

(引用元:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/)

またも、「集団左遷」8話のラストシーンでは衝撃的な話が繰り広げられましたね。

まずはTwitterの皆さんの反応を見てみましょう。

 

 

 

横山を糾弾できなかったものの、三友銀行の他の役員たち6名は解任されます。

藤田頭取が横山と共謀した裏には、自分にとって邪魔な存在である、郷田会長を解任に追い込めるからでした。

翌日の会議の席で、金融庁から業務改善命令が言い渡されたことを告げる横山。

更なる株価の急落も考えられる今、横山がある提案を発表します。

ダイバーサーチとの資本提携でした。

資本提携をすることで、横山には一体どんなメリットがあるのか?

その他の誰がどのように得をするのか、気になりますよね?

第9話のあらすじのご紹介と、考察をしてみました。

→今すぐ「集団左遷」第8話フル動画を無料で視聴する←

「集団左遷」9話のあらすじと考察

まずは「集団左遷」9話のあらすじはこちらです。

懸命の調査でなんとか横山専務(三上博史)の裏金づくりを暴き出した片岡(福山雅治)。しかし藤田頭取(市村正親)の裏切りで、証拠となるリストから横山の名前は消されてしまっていた。
ダイバーサーチとの提携のカギを握る横山との取引に応じた藤田頭取の真の狙いは?

頭取に裏切られ憤る片岡。不正の新たな証拠を掴むべく、再び動き出す。そこへ、巨大外資との提携による大規模な合理化とリストラの大波が押し寄せる中、滝川(神木隆之介)ら、元蒲田支店メンバーが立ち上がる。
不正に築き上げられる会社の未来に、真正面から勝負を挑んでいく片岡たち。そして、起死回生のチャンスが意外な人物からもたらされる…

(引用元:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/story/)

 

全てが、横山の思惑のための駒のように動かされ、切り捨てられて行っていますね。

裏金の流れを金村に暴露させたのも、横山の誘導によるものでしょう。

三友銀行が飲み込まれるのも分かっていて、ダイバーサーチとの提携を進めているのでしょうか?

真の狙いがどこにあるのか、謎ですね。

敵は大きいですが、持ち前のキャラクターで、今までも周りを味方に引き寄せてきた片岡。

元蒲田支店のメンバーはもちろんですが、本部でも、片岡に賛同して横山に反旗をひるがえす社員が出てくるのではないでしょうか?

期待も込めて、片岡を筆頭に、一致団結して、横山を失墜させるシーンが見たいです!

 

→今すぐ「集団左遷」第8話フル動画を無料で視聴する←

藤田頭取と横山専務が共謀でグル?ダイバーサーチと資本提携?集団左遷8話ネタバレ・まとめ

藤田頭取と横山専務が共謀でグル?ダイバーサーチと資本提携?ということで、8話のネタバレをしながら、ご紹介しました。

追い詰めたと思いながらも、全て横山の手の上で踊らされている感じですね。

それでも希望の光は、元蒲田支店のメンバーたちが、何かやってくれそうなことです♪

彼らの頑張る姿に、期待しながら見守りましょう!

→今すぐ「集団左遷」第8話フル動画を無料で視聴する←

error: Content is protected !!