ミリオンジョー原作ネタバレと結末!ドラマラストを考察!

ミリオンジョーネタバレ

「ミリオンジョー」の原作ネタバレやドラマの結末ラストの考察が気になりますよね。

今回はKis-My-Ft2の北山宏光さん主演のドラマと話題です。追い込まれる役のため、北山宏光さんは短期間で減量したとも!

そんな緊迫のドラマ、展開と結末も気になります!

今回はドラマパラピ「ミリオンジョー」に原作ネタバレがあるのか、ドラマの結末ラストを考察してみました。

(引用元:Twitter/@VOLKIN_GAQ

ミリオンジョー原作は漫画「ミリオンジョー」

Kis-My-Ft2の北山宏光さんが主演ということで話題になっている、秋ドラマ「ミリオンジョー」ですが、原作や原作ネタバレはあるのでしょうか?

「ミリオンジョー」にもし原作があるとしたら、小説なのか、漫画なのか、原作自体の情報も気になりますよね。

「ミリオンジョー」は原作漫画「ミリオンジョー」のドラマ化です!

原作版の「ミリオンジョー」は、モーニングで連載されていました。

漫画・漫画原作:市丸いろはさん、原作:十口了至さんの作品です。

原作漫画があるということは、原作ファンにとっては待望のドラマ化ではないでしょうか!?

Twitterの反応も見てみました。

漫画の重版にはドラマの帯付き!

原作漫画の重版には、実はドラマの帯付きで番宣されているようです♪

Twitterでも、以下のように帯付きの原作を見つけた!原作を買うなら帯付きがいい!

という声がたくさんあります。

せっかく買うなら、ドラマ化のタイミングに合わせて、帯付きがいいですよね♪

ミリオンジョー原作の結末ネタバレを紹介

原作「ミリオンジョー」のストーリーと結末ネタバレを見てみましょう。

原作漫画では『ミリオンジョー』とは最新巻初版部数500万部の国民的マンガで描かれています。

『ミリオンジョー』は、子供から大人まで知らない国民がいないくらい人気のマンガ!

「週刊少年グローリー」の看板作品であり、その経済規模は1兆円にのぼる勢い。

その『ミリオンジョー』の担当編集者が主人公・呉井聡一です。

彼は、仕事に対してのやる気が一切ない

しかし、ある日『ミリオンジョー』の漫画家・真加田恒夫が急死。

真加田は、以前から呉井に「心臓が痛い」と訴えていました。しかし、呉井はいつも聞き流しただけ。

真加田は人とのコミュニケーションを極端に嫌うため、接する人といえば、チーフアシスタントの寺師良太と編集者の呉井だけでした。

気づけなかった呉井は「オレのせいだ」と自分を責めます

 

呉井はそれだけ売れっ子漫画を担当しているのに、やる気が一切ないとは残念ですね。

また、売れっ子漫画家が急死…呉井はどうするのかドキドキです。

『ミリオンジョー』が未完で終わってしまうと、会社も呉井も共倒れになるだけではなく、心待ちにしていた読者はどうなるのか…

悩み抜いた末に呉井が出した決断はこちらでした。

「真加田さんは死んでません。このまま真加田さんの死を隠し続けます!!」

「『ミリオンジョー』の連載、続けます!!」

呉井はアシスタントの寺師になりすまし連載を提案します。

俺がネームを切って、寺師さんが絵を描くんです!そしたら真加田さんが受け取る原稿・印税・著作権使用料すべて…俺と寺師さんで山分けできるんですよ!」と。

その後、黒い仕事をできる友人・岸本も仲間に引き入れ、真加田の死を伏せ、死体も遺棄し、連載を始めます。

 

最初、なりすまし連載を提案した時には本当にお金が目当てなのかと思いましたが、呉井の本音はファンのためだったようです。

やる気ナシの編集者の姿とは違う一面で、びっくりですね。

しかし、なりすまし連載はうまくいくのでしょうか?ドキドキです。

なりすまし連載が始まりましたが、呉井が書くネームにより、少しずつファンが離れていってしまいました

ファンを取り戻そうと頑張る呉井。真加田のすごさを身に染みて感じる呉井でした。

その後、真加田の大ファンの新人漫画家・森秋にバレて仲間に加えたり、熱狂的な『ミリオンジョー』ファンから偽物が書いているのでは?と疑われたりします。

そして、とうとう副編集長にバレてしまいます!

しかし、誰もが考え付かない偽装連載を続ける呉井の行動を止めることができず、編集長に報告する前に退職してしまいます。

呉井の行動はある意味狂っていると。だから、俺を巻き込まないでくれと。

その後『ミリオンジョー』の報酬35億円引き出すことに成功したが、そのお金を森秋に持ち逃げされます。

森秋は仲間になるふりをして、寺師と呉井に復讐をしたのでした。

「私…真加田様からお告げがあったのよ。アイツらを罰せよって…!!」と。

結果、寺師も呉井も失踪し、まさかの『ミリオンジョー』は最終回直前にして無期限休載に!

 

まさかの展開です。今まで頑張ってきたのに、結局無期限休載とは…!?

しかし、ネームを書く人が変わるだけで、ファンには気づかれるのでしょうかね。

漫画の世界はよくわからないですが、ネームとはとても大事な行程だと感じさせられました。

ニュース番組は『ミリオンジョー』の話題で持ちきり。

作者の真加田は『最終回直前で逃げた無責任な極悪人』として非難されていました。

その後、地方の宿で『ミリオンジョー』のネームをいまだ描き続けている呉井を発見した岸本は、その姿に狂気を感じ取りました。

その後、世間では、今の『ミリオンジョー』は偽物であることがニュースされるようになりました。

ネームを書ききり警察に自首をしようと決意した呉井でしたが、出頭前に少年にナイフで刺されてしまいます

その少年は『ミリオンジョー』の熱狂的なファンでした。

その後、世間は『ミリオンジョー』の最後のネームの存在が話題でした

とにかくどんな形でもいいから『ミリオンジョー』の続きを読みたい!と。

一方、少年に刺された呉井は、生きて、病院の中で漫画を描いていました。

それも『ミリオンジョー』ではなく、自分の漫画を。

真加田が呉井を担当編集者に選んだ理由が、実は呉井の書いた漫画が面白かったからでした。

 

原作版でも読んでいてドキドキする展開ですね。

これがドラマで放送されるとしたら、面白くないわけがありません!

また、これだけ国民的マンガになる『ミリオンジョー』のすごさ・怖さも感じます。

現代で言うと「ドラゴンボール」「ワンピース」などの部類でしょうか。

それでも国民の文化になるほどではないので、よほどですね。

今回は絶対面白い「ミリオンジョー」をドラマで見られるチャンス到来!

第1話から繰り返し視聴してみたいものです。

原作漫画の展開と結末は分かりましたが、ドラマ「ミリオンジョー」のラストはどうなるのでしょうか?勝手に考察してみました。

ミリオンジョーのドラマラストをじっくり考察

「ミリオンジョー」のドラマの結末ラストを考察してみました。

原作版と同様に納得いく清々しい終わり方になるのでしょうか?

ラスト結末考察①「ミリオンジョー」が未完のままとなる

原作漫画「ミリオンジョー」は、結局『ミリオンジョー』が未完のまま終わりました。

しかし危ない橋を渡り、最後に少年に刺された呉井は命が助かり、諦めていた漫画の道をもう一度目指すことになりそう…そんなハッピーエンドな終わり方でした。

ドラマでも、やる気のない編集者だった呉井が、身代わり連載としてネームを書くうちに漫画の楽しさ、夢に再度動機づく結末になりそうな予感です。

ただ、そこに行きつくまでの道のりは険しいものに違いありません。

仲間になった人々に裏切られたり、真加田の死がバレそうになったりと様々な困難を乗り越えての結末になるでしょう。

『ミリオンジョー』も未完のまま終わりそうです。

だからこそ、呉井が夢を取り戻すラスト結末は、涙するくらい清々しい終わり方になりそうですね。

ラスト結末考察②「ミリオンジョー」は完成する

原作と全く違う、まさかの結末もありえるでしょう。

数々の困難を乗り越えて、まさか『ミリオンジョー』が完成してしまうという結末です。

しかし、その終わり方には二通りありそうです。

一つは、呉井が大金を手に入れるが、警察に捕まっていしまうというアンハッピーエンド。

もう一つは、ニュースとして話題になり、もてはやされてしまうという結末。

ただ、どちらも呉井にとっては幸せといえるのか…

答えは「NO」な気がします。

ドラマならではのオリジナルな結末もあり得るでしょう。

ミリオンジョー原作とドラマに設定の違いはある?

ミリオンジョー漫画

(引用元:https://www.photo-ac.com/)

「ミリオンジョー」のドラマと原作漫画の違いはあるのでしょうか?

今のところ設定においての違いは公表されていません。

公表され次第、追記しますね。

また実際にドラマが放送されていく中で、設定が原作と異なるという展開もあり得るしょう。

そこを見ていくのも原作ファンとしたら面白いのかもしれませんね。

ミリオンジョー原作ネタバレと結末!ドラマラストを考察!まとめ

「ミリオンジョー」に原作ネタバレがあるのか、ドラマの結末ラストを考察してみました。

原作漫画の「ミリオンジョー」があることがわかりました。

また原作漫画同様に、おそらく『ミリオンジョー』は未完のまま、しかし呉井は夢を追いかける気持ちを取り戻すといったハッピーエンドで終わると考察しました。

「ミリオンジョー」を初回からリアルタイムで見ながら、展開や結末を楽しみましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!