時効警察はじめました原作ネタバレはある?ドラマラストを考察!

「時効警察はじめました」の原作ネタバレやドラマラストの考察が気になりませんか?

12年ぶりに続編が始まることで話題の「時効警察はじめました」。

前作までが人気ドラマだっただけに、原作やラストが知りたくなりますよね。

それでは早速、ドラマ「時効警察はじめました」原作の有無やネタバレの調査、ドラマラストの考察を紹介していきましょう。

(引用元:@jikou2019)

ドラマ「時効警察はじめました」の原作は?

ドラマ「時効警察はじめました」の原作について調べてみましたが、原作はなくオリジナル作品です!

第1作の「時効警察」、第2作の「帰ってきた時効警察」共にノベライズ本やムック本が出版されていましたが、本の発売はドラマ放送終了後でした。

「時効警察はじめました」の公式本についてはまだ、発売の情報はまだありません。

では「時効警察はじめました」は誰が作っているのでしょうか?

脚本と監督について調査してみました。

ドラマ「時効警察はじめました」の脚本と監督は?

(引用元:twitter/@eiga_pia)

ドラマ「時効警察はじめました」の脚本と監督は誰なのか気になりますよね!

早速、脚本と監督が誰なのかを調べてみました。

「時効警察」シリーズは、毎回脚本と監督が違い、新進気鋭のクリエイターたちが制作に参加しています。

メインの脚本と監督は、第1作からメイン監督を務める三木聡さんです。

今回のスタッフには、メイン監督を務める三木聡のもと、ドラマや映画で活躍する人気クリエイターが集結します。

コメディドラマや映画で大活躍中の福田雄一さんが脚本を務めるほか、シリーズ初の女性監督として大九明子さんが参加されます。

ほかにも、

  • 新作『アイネクライネナハトムジーク』の公開を9月に控える今泉力哉さん
  • 映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』などの監督、森ガキ侑大さん
  • 今年6月末に映画『今日も嫌がらせ弁当』が公開され、「時効警察」第1シリーズでメガホンを取った塚本連平さん
  • 「執事 西園寺の名推理」などの脚本家である田中眞一さん
  • 映画『男子高校生の日常』などの脚本家である小峯裕之さん

などなど、とても豪華なスタッフ陣の参加が決まっています。

脚本家として参加する福田さんは、このようにコメントされています。

「『時効警察』を自分が書かせていただけるとは思わなかったので、お話を頂いたときは本当に驚き、恐縮しました。

なにせ僕はベタなんで、「時効警察」のシュールなワールドに入って行けるかどうか不安でした。

とにかく僕のありったけのシュール(笑)を盛り込んだつもりでおりますので、楽しんでいただければ幸いです!」

(引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2142140/full/)

 

また、監督・脚本家の中で紅一点となる大九監督が、本作にオファーされたのは1年ほど前だったそうです。

「内緒にしてるの、しんどかったです。『意気込みは?』などと問われましても、新人刑事・彩雲(吉岡里帆)の口癖『ガンバリマス!』しか出てきません。

三木(聡)監督をはじめとする全スタッフ・キャストが紡いでこられた長い歴史にめまいを覚えるばかりですが、心待ちにしておられる『時効警察』ファンの皆様に面白いものをお届けできるよう、ガンバリマス!」と意気込みを語りました。

(引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2142140/full/)

 

この豪華なクリエイターたちの作るドラマを、ファンも待ちわびていたようです。

ここまでくると、楽しめないわけがないと思えてきますね。

気なるドラマの内容についても知りたいですよね?

続いては、ネタバレについて調査してみました

ドラマ「時効警察はじめました」ネタバレ

(引用元:twitter/@jikou2019)

ドラマ「時効警察はじめました」のネタバレについて、第1作・第2作の内容と、現在公開されている情報をもとにご紹介します。

「時効警察はじめました」は、2006年から2007年にかけて放送された「時効警察」「帰ってきた時効警察」のその後を描きます。

アメリカのFBIに出向したのちに古巣の総武署・時効管理課にカムバックした霧山修一朗(オダギリジョーさん)が、“趣味”である時効になった事件の捜査を再開します。

今は交通課の課長補佐となった三日月しずか(麻生久美子さん)を再び相棒に迎えいろいろな事件を捜査していきます。

舞台となる総武署には個性的な面々がおり、登場人物のほとんどが独特のノリを持っていて、奇抜な言動や行動が多いのも特徴です。

基本的には「物語の序盤で霧山が興味を持った時効事件の真相を一話かけて解明する」という一話完結の方式です。

各話で取り上げられる事件に相互の関連はありませんが、人物やキャラクターの関連した登場は見られれます。

ドラマとしてのスタイルはシュールで脱力系のコメディーミステリーです!

犯人はたいてい予告編で紹介される人物の役柄だったり、アリバイや証拠不十分で逮捕されなかった事件発生当時の容疑者だったりと、ほとんど明かされている状態です。

物語の中には随所に視聴者の笑いを誘う要素が散りばめられています

パロディやもじり、昔の映画などを彷彿とさせる表現も多く使用されていたり、ちょっとした伏線や小ネタが含まれていることもあるので、細部まで見逃せません!

「誰にも言いませんよ」カード

この作品の象徴とも言えるアイテム「誰にも言いませんよ」カードについてご紹介します。

「誰にも言いませんよ」カードとは、霧山が事件の真相を解明した際に、事件の当事者(基本的に犯人)に渡す「この件は誰にも言いません。」と書かれたカードです。

手渡す際には相手の名前及び霧山の署名が書かれた上で、霧山の印が押されます(回によっては霧山と三日月の連名で、2人の印が押される場合もあります)。

多くは時効を迎えているので、霧山の捜査はあくまで趣味であり「事件の真相を知るのが目的であること」及び「真相については誰にも口外しないこと」が保証されますが、もちろん持っているからといって何か特別なことが起こるようなものではありません

このカードは霧山が個人的に製作したもので、自宅や署内のロッカーに大量のストックが存在することが劇中で明らかになっています。

文面は共通だが外枠に色のバリエーションがあり、毎回異なる色のカードが登場します。

ちなみに「時効警察」と「帰ってきた時効警察」のDVDには「誰にも言いませんよ」カード9枚が初回封入特典としてついていました。

「誰にも言いませんよ」カード「時効警察はじめました」の第1話でも注目して見てくださいね。

ドラマ「時効警察はじめました」のドラマラストを考察!!

(引用元:twitter/@jikou2019)

ドラマ「時効警察はじめました」のドラマラストを考察してみましょう。

全体的にはシュールにゆるーく、くだらないギャグを交えながら毎回楽しく視聴できることは間違いなさそうですが、やはり気になるのは「霧山と三日月との関係」ではないでしょうか?

霧山に淡い気持ちを抱いていた三日月ただの相棒としか思っていない霧山

前作「帰ってきた時効警察」の最終回では、三日月が霧山の気持ちを確かめようとしたところで地震が起きてしまい、返事を聞けないまま終わってしまいました

三日月は6年前に「なんとなく刑事課の刑事と結婚して離婚した」ので、2人は独身同士ということになります!

久しぶりに再会し、再びタッグを組むことになり、2人の関係に何か変化が起きるのではないかと予想(希望)します^^

捜査する時、私服の2人はいつもおしゃれとってもお似合いですよね!

ドラマラストには霧山と三日月が恋人に!?または結婚!?なんてこともあるかもしれませんよ~

twitterでも2人の結婚を希望しているファンの声がありました!

考えただけでドキドキしちゃいます。

ただ、ひとつ気になるのは、新メンバーの彩雲真空が2人とどのように絡んでくるのか

もしかして、三角関係なんてあるのでしょうか!?

でも、やっぱり私は2人がラストにくっついてくれることを願います!

みなさんもドラマラストを想像しながら「時効警察はじめました」を楽しみましょう!

最後に「時効警察」ファンの反応もチェックしてみました。

「時効警察」シリーズファンの反応は?

最後に「時効警察はじめました」の放送が決まって、「時効警察」シリーズのファンの方たちはどのような反応をしているか、twitterの反応を紹介していきます!

楽しみにしている人がたくさんいますね♪

私も第1話のみならず、2話3話と続けて見たいと思います!

ドラマ「時効警察はじめました」原作ネタバレはある?ドラマラストを考察!・まとめ

(引用元:twitter/@realsound_m)

以上、ドラマ「時効警察はじめました」原作はあるのか、ネタバレについての調査結果と結末の考察を紹介してきました。

12年ぶりの続編となる「時効警察はじめました」には原作はなく新進気鋭のクリエイターたちと個性的なキャスト達が作り出す、シュールで脱力系のコメディーミステリーです!

ドラマラストについても考察してみました。

霧山と三日月の関係がラストにどうなるのか気になるところです。

新メンバーも加わりパワーアップした「時効警察はじめました」。

最期まで視聴したいですね!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!