グランメゾン東京原作はある?ドラマ結末ラストを考察!

2019年10月スタートのドラマ「グランメゾン東京」(TBS)。

主演はあの木村拓哉さんということで、どんなストーリーや結末(ラスト)になるのか楽しみですよね。

しかし、一方では木村拓哉さんの天才役に、「またか」との声もあるようです。

結末次第では面白くなるような気もしますが、どうなのでしょうか?

「グランメゾン東京」に原作があれば結末やラストシーンも予想しやすいですよね。

そこで、「グランメゾン東京」に原作が存在するのか調査したうえで、ドラマの結末を考察していきたいと思います。

(引用元:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/#midokoro)

「グランメゾン東京」には原作はある?

2019年10月スタートのドラマ「グランメゾン東京」に原作は存在するのか、調べてみました。

「グランメゾン東京」には原作がない

「グランメゾン東京」の原作について、公式サイトで調べてみましたが、原作に関しての説明はありませんでした。

よって、「グランメゾン東京」には原作はなく脚本家さんのオリジナルストーリーとなります。

先を読みにくいドラマとなりますので、ドキドキの展開もありそうですね!

「グランメゾン東京」の脚本は黒岩勉が担当

ドラマ「グランメゾン東京」の脚本家は誰なのか調べてみたところ、黒岩勉さんが担当されているとわかりました。

黒岩勉さんは、「謎解きはディナーのあとで」「僕のヤバイ妻」などをはじめとして、ミステリー作品を多く手がけています。

また、ストーリーの展開に目が離せなくなる作品も多く、Twitterでは期待の声もあがっていました。

今回はミステリーというよりは、サクセスストーリーのドラマになると思われますが、Twitterにあった声を読むと、物語の展開に期待したくなりますね。

「グランメゾン東京」ドラマのあらすじは?

「グランメゾン東京」のあらすじをご紹介します。

とその前に、「グランメゾン」とは何を意味するのかは、ご存じですか?

なんとなくイメージはあるものの、はっきりとしない方も多いのではないでしょうか?

「グランメゾン」とは超高級フレンチレストランのこと

「グランメゾン」とは、超高級フレンチレストランのことを言います。

一口にフレンチレストランといっても、6種類も存在しています。

  1. カフェ・・・喫茶や軽食が楽しめる
  2. ブラッスリー・・・軽食やアルコールが楽しめる
  3. ビストロ・・・気楽にフランス料理が楽しめる、家庭的なお店
  4. レストラン・・・やや高級なお店
  5. オーベルジュ・・・宿泊施設つきのレストラン
  6. グランメゾン・・・超高級なお店

服装を気にすることなく、大人も子供も楽しめるのは、上から3つのお店(①カフェ・②ブラッスリー・③ビストロ)です。

④レストラン、⑤オーベルジュとなると少々格式が高いお店になり、⑥グランメゾンとなると超高級クラスのお店となります。

「グランメゾン」という言葉自体は和製のフランス語であり、フランスで使われることはありません。

日本では、ミシュランで三つ星獲得のレストランという意味で使われています。

また、12歳未満の子供は店内へ入れないことが多く、大人であってもスーツ以上の服装で行く必要があるほど高級なのが「グランメゾン」です。

「グランメゾン東京」のあらすじ

では、2019年の秋ドラマ「グランメゾン東京」のあらすじをご紹介します。

今回木村が演じるのは、フランス料理のシェフ。料理に人生をかけ、その才能でパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得する。カリスマシェフともてはやされ自信が慢心に変わる一方で、どうしても三つ星に手が届かず、プレッシャーに苦しみ、壁にぶつかる。そんな時、店である重大事件が起こり、店も仲間も全て失ってしまう…。どん底まで落ちた彼だったが、ある女性シェフと出会い、もう一度シェフとして生き直そうと決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げることを目標とする。そのために最高のスタッフを集めようとするが、かつての仲間に拒絶されたり、新しい才能の持ち主を見つけてもうまくいかなかったり…空回りし衝突しながらも、再起することを諦めない。他人に無理難題を突きつけ振り回しつつ自分もそれ以上を目指す、そんな彼の姿を見て、周囲の人々の態度も少しずつ変わっていく。果たして彼は三つ星レストランの称号を得ることが出来るのか?

(引用元:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/#midokoro)

過去に失敗をしてしまった主人公が、再びフレンチレストランで再起を図るストーリーですね。

本場フランスで腕前が評判になり、うぬぼれてしまった主人公を木村拓哉さんが演じます。

事件とはいったい何が起きたのでしょうか?

主人公が原因だったのか、それとも他にあったのか気になりますが・・・。

どん底からはい上がるストーリーは、他のドラマでもありがちな展開ですが、オリジナル脚本ですので、どこかに驚きも含んでいるのではないかと思います。

果たして結末はどうなるのでしょうか?

「グランメゾン東京」ドラマの結末を考察

「グランメゾン東京」のドラマの結末を考察してみたいと思います。

原作が存在しないドラマですので、一個人としての予想をご紹介します。

「グランメゾン東京」結末① 日曜劇場の傾向から考察

「グランメゾン東京」はTBS日曜劇場枠のドラマです。

過去の日曜劇場の傾向から結末を考察すると、たくさんの試練を乗り越えて成功を収める結末となるでしょう。

木村拓哉さん演じる主人公は、信じていた人からの裏切りや、自分を潰しにかかる黒幕と戦いながらも、三ツ星レストランの称号を獲得。

それまでのつらい状況を思い出し、涙で感動のエンディングを迎えます。

「グランメゾン東京」結末② 三ツ星獲得ならず

脚本が黒岩勉さんということで、意外な結末もあるかもしれません。

頑張ってはみたものの、三ツ星の獲得には至らず、主人公は再びどん底へ。

しかし、今回は仲間の励ましもあり、以前の自分とは違うと立ち上がります。

そして、まだ修行が足りないとフランスへ旅立ち、2年後に帰国。

また頑張るぞ!とみんなで笑顔になって・・・、おしまい。

ラストなのに、この先が気になってしまうパターンですね。

「グランメゾン東京」結末③ いったんシェフを辞める

こちらは意外な展開として考えてみました。

頑張ってはみたものの、どうしても三ツ星まではいかなかった主人公。

シェフを辞め、お店を他の人に任せてしまいます。

その間、まったく別の仕事に取り組み、自分に何が足りなかっのたのか、ようやく気付いた主人公はシェフに戻ります。

いったんシェフを辞めたのが功を奏し、三ツ星を獲得!

直前で「えっ?」となりながらも納得の結末、というのもあるかもしれません。

グランメゾン東京原作はある?ドラマ結末ラストを考察!まとめ

2019年10月スタートのドラマ「グランメゾン東京」の原作についてご紹介しました。

「グランメゾン東京」に原作はなく、脚本家の黒岩勉さんのオリジナルストーリーであるとがわかりました。

さらに、「グランメゾン東京」の結末やラストシーンを考察し、ご紹介しました。

3パターン紹介しましたが、他のパターンの結末もあるかもしれません。

実際にはどんな結末となるのか、楽しみですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

グランメゾン東京相関図キャスト出演者一覧!登場人物年齢設定や役柄【TBS日曜劇場...

グランメゾン東京いつから何時何曜日?放送地域放送局やあらすじ紹介・TBS以外のチ...

Translate »
error: Content is protected !!