グランメゾン東京久住かんな父親壮次郎の正体はシェフでナッツ事件の関係者?

グランメゾン東京久住かんなアイキャッチ

グランメゾン東京に久住かんなが入店しましたが、入店理由はなんでしょうか?

父親は壮次郎という名前はなのが判明しましたが、正体はシェフで犯人という噂もありますが、まだ何もわかりません。

ドラマは非常に面白く視聴率も良いですし、主演の木村拓哉さんはじめ見ていて楽しめるドラマですよね。まだ明かされていない謎もあり、最終回まで目が離せません!

そんなグランメゾン東京の久住かんなの入店理由や、父親・壮次郎のグランメゾン東京・尾花との関係、さらに久住かんなは敵なのか?味方なのか?

父親の正体や真犯人など、納得のいくような考察をしていきたいと思いますので、最後までご覧下さい!

グランメゾン東京の久住かんな父親の正体!

グランメゾン東京に入店した久住かんな(中村アン)の父親の正体は?

とても気になりますが、今のところはまだ名前しかわかってない状況ですね。

グランメゾン東京に関係しているのは間違い無いと思いますが、今後どのように関わってくるのでしょうか?

色々と調べていきましょう。

父親は久住壮次郎

久住かんなの父親は久住壮次郎だと判明しました。

京野(沢村一樹)が久住かんなの履歴書で両親の名前の攔を見て、かんなの父親が壮次郎とわかったのですが、京野も何かを思いついたような顔をしてたのが印象的でした。

今の段階ではどのような関係なのかはさっぱりわかりませんが、これからその謎は解き明かされていくのでしょう。

期待したいですね。

過去にエスコフィユのシェフだった?

かんなの父親・壮次郎は過去にエスコフィユと関係があったのでしょうか?

何かしらの関係があったからこそ、娘のかんなはグランメゾン東京というかエスコフィユを恨んでいると推測できます。

当時、父親の壮次郎がシェフで何か責任を取らされたか?過去に何かが合ったからこそ、娘のかんなは執着しているんでしょう。

そう考えると壮次郎とエスコフィユは密接な関係だったと思います。エスコフィユというか、その中の誰かと?という可能性もありますよね。

今後明かされて行くと思いますが、どう言う展開になるのか楽しみです。

久住かんなが尾花を恨むのは父親が理由?

久住かんなが尾花を恨んでいるのか?それともグランメゾン東京を恨んでいるのか?それはまだ分かっていません。

しかし、かんなはまだ30代前半ですし、エスコフィユとは直接関係はないはずです。そう考えると恨んでいるのは父親の意思を引き継いでという感じでしょうか?

父親が何かをされたので、それを娘のかんなが恨んでいると考えると辻褄があいます。

第6話でのリンダとの会話を引用しますが…

リンダ:「グランメゾン東京で働いているそうね、何をするつもりなの?」

かんな:「あの店がこれからどうなるか次第です」

かんな:「尾花さんや、エスコフィユのメンバーがグランメゾン東京で復活するなんてことは、絶対に許せません」

このようなやりとりをしています。

絶対に許せないということは、やはり恨みは確実にありますよね。

誰に対しての恨みなのか?そしてその理由は?

次から考察していきましょう。

久住かんなの入店目的はシェフだった父親の復讐?

久住かんながグランメゾン東京に入店したのは、父親の復讐の為でしょうか?

父親の壮次郎という名前を見て、不審に思った京野のことも気になります。

何か理由があるからこそ、壮次郎という名前に引っかかったのでしょう。

そう考えると、父親がグランメゾン東京と関係があるというのがわかりますが、まだ関係性まではわかりませんね。

娘のかんなが恨むぐらいだから相当な酷い事をされたのか?と想像しますが、恨む理由について考察していきましょう。

父親の復讐?

父親の復讐というのが一番可能性が高いと思います。

ナッツ混入事件が起こったのは「日仏首脳会談」の時です。そしてアレルギーを持っていたのはフランス外務大臣でした。

このときのナッツ混入事件で影響を受けた人物と言えば、考えられるのは日本側の関係者になりますよね。

政治家や、外交官などが責任を取らされた可能性が高いです。

そう考えると、父親は日本政府の役職などをしていたか、エスコフィユを推薦した人物などと推測できます。

エスコフィユを推薦した人物が久住かんなの父親で壮次郎だとすると、それこそ重大な責任で、クビにでもなったのかもしれません。

それでかんなが、エスコフィユのメンバーの皆を恨んでいるという考察ができますよね。

Twitterでも意見がありますよ。

やはり、父親は日本側の要職についていたと考察している人が多いですね。この考察があっているのかは、グランメゾン東京を見ていれば分かるでしょう。

毎週楽しみですね。

ナッツ事件の真犯人探し?

他に考えられるのは、ナッツ事件の真犯人捜しという理由です。

ナッツ混入事件を恨んでいるかんなですが、まだ犯人は分かっていません。

視聴者的には、祥平(玉森裕太)のミスだったとわかっていますが、それをかんなは知りません。だから彼女は、真犯人を捜したいと思っている可能性もあります。

そのためにグランメゾン東京に忍び込んだという事です。

犯人を恨むにしても、誰が犯人か分からないと恨めないですからね。

的の懐に忍び込んで情報を仕入れるということなのかもしれません。

父親・壮次郎の無実を立証するため?

これは本当に個人的な考察ですが、かんなの父親がナッツ混入事件の真犯人という可能性はないでしょうか?

祥平のミスでナッツ混入事件が起きたわけですが、その本当の真犯人は壮次郎だったという考察です。

手違いではなく、壮次郎が誰かの手を借りて祥平がミスするように仕向けた可能性もあると思います。

たとえば日本の外交官だった父親・壮次郎が、日本政府のためにナッツ混入事件を起こしたという壮大なストーリーがあるかもしれませんよね。

フランス外交官がとても悪い人で、懲らしめるじゃないけど、失脚させるためなどという理由は可能性としては低いでしょうか?そのために罪を被った父親…

しかし、それに納得できないかんなが父親の無実を証明するために、グランメゾン東京に入店したという考察です。

ちょっと強引だと思いますが、どうでしょうか?

父親の復讐目的で入店も今後は?

グランメゾン東京に入店した久住かんな。

今のところ恨んでいる様子なので、グランメゾン東京の敵と考えれます。

しかし、今後はどうなるのかはわかりませんよね。

かんな自身も「あの店がこれからどうなるか次第です」と口にしています。

父親の復讐のために入店したとしても、今後の展開しだいではどうなるかわかりません。

つまり、グランメゾン東京にかんなの恨みを溶かすほどの力があれば、かんなは味方になってくれる可能性もあります。

それこそ、料理の力で味方になってくれるのではないかと期待していますが…

悪気があってナッツ混入したわけではありませんし、料理人達の熱い情熱で恨みの熱量も溶かして欲しいと思います。

Twitterでもかんなが話題です。

久住かんなは現在は父親の復讐で入店と考えられますが、今後の展開が非常に気になります。真相はドラマの中だけでしか分かりませんし、毎週見逃せませんね。

グランメゾン東京久住かんな父親・壮次郎の正体はシェフなのか考察のまとめ

グランメゾン東京に入店した久住かんなとその父親について調べました。

久住かんながグランメゾン東京に入店した理由や、父親の正体、そしてナッツ混入事件の真犯人はまだ分かりません。

しかし考察した結果、久住かんなの父親・壮次郎がグランメゾン東京と深い関係があると推測できます。

父親の正体はナッツ混入事件により、責任を追わせられた日本側の要職の立場だったのではないでしょうか?

もしくは、壮次郎自身が真犯人という可能性もなくはないでしょう。

犯人を捕まえるためにそして、真相を確かめる為に、かんながグランメゾン東京に入店したと考えると納得できます。

個人的な考察ですが、是非参考にして今後のグランメゾン東京を楽しんで視聴してくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!